第607回 臥薪嘗胆を貫き、史上最強の東海大菅生へ【後編】2019年04月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【東海大菅生の練習の様子をギャラリーでチェック!】

【目次】
[1]最強のチームへ 夏の大会へ向けての課題
[2]今年は甲子園に行かせなければならないチーム

 昨秋、都大会準優勝を果たしながらも惜しくもセンバツに漏れた東海大菅生は、臥薪嘗胆という言葉を刻みながら、取り組んできた。その言葉はベンチ内にあるホワイトボードに刻まれている。今回は夏の大会へ向けての課題を紹介したい。これは春の大会の結果にかかわらず、夏ヘ向けてこういうチーム作りをしていきたいんだというのを、注目していただければ幸いだ。

 目指せ夏の全国制覇 周到なチーム作りを進めた東海大菅生【前編】

最強のチームへ 夏の大会へ向けての課題



投手陣の柱・中村晃太朗

 夏へ向けて東海大菅生は引き続き、中村 晃太朗以外の投手陣の育成は変わりない。ここまで新倉 寛之藤井 翔の2人が活躍を見せているが、若林監督としてはこの春ではさらに厳しい場面、強い相手に投げて、結果を残してこそ起用できる選択肢が出てくる。そうなるとなおさらこの春では厳しい試合を潜り抜ける必要があるだろう。

 そして練習試合から見出していく方針は変わりない。
 「まだまだ投手がいて、ケガ明けの投手も戻ってくるので、そういう投手たちがしっかりと実力が発揮すれば、投手陣は揃ってくるのではないかと思います」とほかの投手陣たちに期待を込めている。

 また多くの野手の底上げが実感できた東海大菅生だが、若林監督は引き続き高いハードルを設けていく。
 「主力野手以外だと、打てるのはもちろんですが、1つのポジションだけではなく、複数ポジションをこなせないといけないですね。なぜかというとタイブレークの試合展開になったときや、甲子園にいった時、18人に絞られますし、守れないと厳しいですよね」



注目スラッガー・小山翔暉

 求めるは最強20人・18人になることだ。この春、主力野手以外の選手の活躍も光り、シーズン前の課題だった「全体の底上げ」はできており、十分にそういうチームになる可能性はある。

 さらに走塁面にも注文をつけており、仕上がりについては「例年より高い」と評価しているが、それを生かす三塁コーチャー・一塁コーチャーを鍛えている最中だという。
 「2017年の甲子園ベスト4にいった時は上林 昌義(東北福祉大)、深津 将志という素晴らしいコーチャーがいて、昨年は主将の坂本幹太がコーチャーを努めていたのですが、抜群に良かったです」

 チームメイトの実力を把握し、即座に判断できる三塁コーチャーにいれば、接戦に強くなる。若林監督は2017年夏の甲子園・準決勝の花咲徳栄戦で一塁走者の代走で出た上林が田中 幹也(亜細亜大)の遊ゴロ強襲安打から外野へ転々と転がっている間に上林が本塁へ生還したプレーについて、今でも鳥肌が立つプレーだという。

 「あれは上林の足だからこそ還れたプレー。でも上林で還れると判断したのは三塁コーチャーの深津だったんです。深津ではなかったら止めている当たりでしょう。その局面で上林の脚力が分かった上で、思い切った判断ができるまでに鍛えることができて良かったです。
 三塁コーチャーは本当に難しいポジションで、打球の判断、守備位置の判断、相手野手の肩、どういうふうにカットに入っているのか。そこまで判断しないといけません。なかなか難しいですね」

 東海大菅生が再び甲子園にいくには欠かせないピースである。

【次のページ】 今年は甲子園に行かせなければならないチーム

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第977回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第914回 篠木、藤井など来年のドラフト候補生とスーパー1年生たちを徹底紹介!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
近江vs高田【2019年春の大会 近畿大会】
第913回 関東大会で評価を挙げた投手と野手は?注目選手のパフォーマンスを徹底分析!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第912回 これからは複数投手制がトレンド。東海大相模、東海大菅生など関東大会出場校の投手運用を振り返る【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs東海大菅生【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第911回 令和初の関東王者になるのは?「TOKAI決戦」のキーマン、勝負のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs専大松戸【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大菅生vs春日部共栄【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第952回 待っていた25年ぶりの優勝。今年の東海大菅生の象徴・石田隆成! 【2019年インタビュー】
第944回 まだまだいる猛者揃いの東海大菅生。堅守のセンター・今江康介のスピードを見逃すな! 【2019年インタビュー】
第939回 精密なコントロールは根気強さから生まれる 中村晃太朗(東海大菅生)後編 【2019年インタビュー】
石田 隆成(東海大菅生) 【選手名鑑】
今江 康介(東海大菅生) 【選手名鑑】
大里 大也(東海大菅生) 【選手名鑑】
小山 翔暉(東海大菅生) 【選手名鑑】
杉崎 成(東海大菅生) 【選手名鑑】
中村 晃太朗(東海大菅生) 【選手名鑑】
成瀬 脩人(東海大菅生) 【選手名鑑】
新倉 寛之(東海大菅生) 【選手名鑑】
西垣 大輝(東海大菅生) 【選手名鑑】
藤井 翔(東海大菅生) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム