第607回 最新器具で技術革新!選手の思考力とやる気を増幅させる光泉(滋賀)!【前編】2019年04月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]プロ注目のバッテリーを中心とした新チームで挑んだセンバツ出場の夢
[2]数字が出てこそ練習方法が洗練されていく

 滋賀県草津市にある光泉高校。2002年夏に甲子園の出場経験があり、その後も2016年春に県大会優勝を飾るなどコンスタントに県内で上位に進出する有力校だ。ミズノ社の計測アプリ「MA-Q」の導入や部でのTwitterアカウントの活用など最新テクノロジーを積極的に取り入れる同校の取り組みに迫った。

プロ注目のバッテリーを中心とした新チームで挑んだセンバツ出場の夢



桜が咲き誇るグランドで練習する光泉の選手たち

 昨夏は初戦で準優勝した綾羽に0対3で敗戦。敗れたその日に古澤和樹監督が主将に指名したのがフェントン・ライアン(3年)だ。フェントンはオーストラリア人の父と日本人の母との間に生まれたハーフで3歳から日本に住んでいる。選手としては上位打線を打ち、捕手を務めるチームの中心。「明るくて、誰にでも同じように発言できる」という理由から満場一致で主将になることが決まった。

 3年生が少なかったこともあり、旧チームのレギュラーは多く残っていた。その中心が当時で最速142㎞の速球を投げていたエースの吉田 力聖(3年)だ。中学時代は向日市立西ノ岡中軟式野球部に所属し、目立つ存在ではなかったが、2年生になって台頭。県内でも有数の好投手となった。

 リードするフェントンは二塁送球を1.9秒で投げる強肩捕手。リード面についても「配球もだいたい、僕が思っているのと同じようになってきましたね。他の子は机上の空論が強すぎて、自分の思っている理想のリードにこだわりすぎているところがありますが、アイツは柔軟にいけるタイプです」と古澤監督の評価は高い。



主将のフェントン・ライアン

 チームの主力である吉田とフェントンは高卒でのプロ入りを目指している。昨秋の活躍でプロのスカウトが吉田をマークするようになり、スカウトが見に来た練習でアピールできたフェントンにも注目するようになった。

 吉田が「プロ一本しか考えていない」と決意を示せば、フェントンも「高卒でプロに行きたい」と意欲を見せている。光泉出身のプロ野球選手はまだ出ていない。二人が同校初のプロ野球選手になれるかどうかに注目だ。

 経験値のあるチームは1回戦、2回戦を突破して16強に進出。3回戦では3度の甲子園出場経験のある滋賀学園と対戦した。
 先発した吉田は13安打を浴びながらも1失点に抑えたが、打線が滋賀学園竹本 徹(3年)の前に3安打と抑えられて完封負け。

 「あの試合に勝っていたら成長できたと思っていたので、なんとか勝たせてあげたかったですけどね」と古澤監督にとっても悔やまれる敗戦。この敗戦でセンバツ出場の夢は断たれた。


【次のページ】 数字が出てこそ練習方法が洗練されていく

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
光泉vs滋賀学園【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
光泉vs彦根東【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
日野vs甲西【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
光泉vs伊吹【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第946回 最新テクノロジーの導入と奥川恭伸との出会い 吉田力聖(光泉)が達成したい3つの目標【後編】 【2019年インタビュー】
第946回 進化のカギは貪欲さと責任感!144キロ右腕・吉田力聖(光泉)の転換期【前編】 【2019年インタビュー】
光泉vs近江兄弟社【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第607回 なぜ光泉(滋賀)は最新器具とSNSを積極活用するのか?【後編】【野球部訪問】
第102回 選手ファーストで日々活動!光泉(滋賀)頑張るマネージャー【頑張る!マネージャー】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第821回 近江が抜群の強さを見せつけた秋季滋賀大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
フェントン・ライアン(光泉) 【選手名鑑】
吉田 力聖(光泉) 【選手名鑑】
光泉 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム