第604回 一事が万事。明石商の緻密な野球は想像以上の手間暇が詰まっていた!【前編】2019年03月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【明石商の練習の様子をギャラリーでチェック!】
[1]上達を後押しする至高のダイヤモンド
[2]練習試合ラッシュで始まった新チーム/妥協知らずの課題つぶし

 昨秋は4季連続となる兵庫制覇を果たし、近畿大会では決勝で龍谷大平安に惜敗を喫したものの3年ぶり2度目の選抜出場切符をつかんだ明石商。県内相手の公式戦は目下、27連勝中。センバツ大会を控えた兵庫の雄の練習グラウンドを訪問すべく、学校が位置する兵庫県明石市へ向かった。

上達を後押しする至高のダイヤモンド



綺麗にならされたグラウンドで連取をする明石商の選手たち

 (いかにもイレギュラーしなさそうな綺麗な内野グラウンドだなぁ…)

 校舎に隣接するグラウンドに到着し、真っ先に驚かされたのが、黒土が敷き詰められた内野部分の質の高さだ。手入れがしっかり行き届いていることが伝わってくるダイヤモンドは阪神甲子園球場の内野部分を彷彿とさせる。公立高校のグラウンドでここまで段差のない状態のインフィールドはなかなかお目にかかれない。

 「あ、これ、甲子園と同じ土なんですよ」
 バックネット裏で出迎えてくれた狭間善徳監督の言葉に合点がいった。聞けば、甲子園球場のグラウンドを管理している会社に委託し、数年前に内野部分の土の総入れ替えを実施。その後も定期的にメンテナンスを施す契約を結んでいるのだという。

 「マウンドの高さも甲子園と全く同じにしてもらいました。イレギュラーがほとんどなく、思い切りできるから内野手もうまくなる。やっぱりイレギュラーがあるかもと思いながら練習すると余計な力が入ってしまいますからね」

 就任12年目の狭間監督。高校野球の監督として過ごした日々は、指導者生活28年の約半分を占めるまでになった。高知・明徳義塾中軟式野球部監督として全国大会優勝に4度導いた後、高校野球の土俵に立ったのが42歳の時。無名の公立校を激戦区・兵庫を代表するチームに育て上げた名将は、記憶の目盛りを昨年の8月に合わせ、3度目の甲子園出場を成し遂げた現チームを結成時から振り返った。

【次のページ】  練習試合ラッシュで始まった新チーム/妥協知らずの課題つぶし

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第950回 【準決勝展望】明石商vs履正社 中京学院大中京vs星稜の2試合は終盤まで見逃せない!【大会展望・総括コラム】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
明石商vs宇部鴻城【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
明石商vs花咲徳栄【第101回全国高等学校野球選手権大会】
明石商vs神戸国際大附【兵庫県 2019年夏の大会 第101回選手権兵庫大会】
明石商vs高砂【兵庫県 2019年夏の大会 第101回選手権兵庫大会】
第1006回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 驕ることなく地道に積み上げた鮮烈な甲子園デビューまでのルーツ 中森俊介(明石商)【前編】 【2019年インタビュー】
第948回 柳田悠岐2世を襲名し、2020年の高卒ドライチを狙う!来田涼斗(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 今春の選抜の顔・来田涼斗(明石商)!今、明かされる小・中学時代の伝説!【前編】 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
兵庫県大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム