目次

[1]チームワークなら負けていない!
[2]自分たちで課題を見つけて一歩ずつ前進する

 春のセンバツに21世枠で出場する、県立熊本西高校。いわゆる強豪私立のような野球推薦は無く、部員は全員が軟式出身で硬式野球は高校に入学してから。地元の中学から普通に進学してきた部員ばかりで、全員が自転車で通学をしている。また、農地に囲まれている立地のため、ナイター設備は作物に影響を及ぼすため付けられない。

 そんな一般入試を経て入学した「普通の高校生」たちが、秋季九州大会でベスト8と快進撃。見事に甲子園の切符を手繰り寄せた。今年の躍進の裏には何があったのか。話を聞きに行った。

チームワークなら負けていない!


 熊本市の中心部から車で西に20分ほど。県庁所在地を思わせる都市部の喧騒を離れ、のどかな田園風景が広がる中に熊本西高校はある。開校は昭和50年(1975年)。昭和60年(1985年)には夏の甲子園に出場し、1回戦で磐城(福島)に7対3で勝利している(2回戦で群馬代表の東農大二に1対9で敗戦)。

 だが、当時も今も野球強豪校といったわけではなく、いわゆる普通の県立高校。近年の夏の熊本大会は2年続けて初戦で負けており、昨秋の快進撃を予想できた人は少なかったはずだ。野球部を率いる横手文彦監督も「センバツに出るチームの中で、うちは最下位の実力」と冷静に分析をしている。

 エースの霜上 幸太郎主将も「実力は無いかもしれません。でも、チームワークには自信がある。甲子園は、想像するのも難しい大舞台ですが、全国の強豪と同じ舞台で戦えることだけで楽しみです」と熱を込める。

 横手監督は就任4年目(部長1年、監督3年)。熊本の名門・済々黌高校から西南学院大学(福岡)と歩み、投手として活躍した。その後高校教諭として熊本県に戻り、指導者の道をスタート。阿蘇高校、天草東高校、宇土高校と歴任し、熊本西高校は4校目になる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。