目次

[1]考えのルーツは高校時代にあり
[2]改革の年にする!

 vol.1では検見川高校野球部の酒井光雄監督が歩んできた教員生活を中心に、検見川高校の基盤となる部分に迫っていった。そしてvol.2では検見川オリジナルの取り組み、全員野球の定義について語ってもらった。最終回では検見川の細かな野球のルーツ、そして春への意気込みを語ってもらった。

 チームの基盤を作り上げた特別な4年間 検見川高校 野球部訪問 vol.1
 真の全員野球を体現して強豪私立に挑む! 検見川(千葉)野球部訪問 vol.2

考えのルーツは高校時代にあり


 1つのプレーに対して様々な意味を持たせ、さらに一歩先のことまで想定する酒井光雄監督の緻密な野球は私学相手に勝つには必要な考えだった。その方針はいきなり実を結び、就任1年目の2017年には春と夏の大会で見事ベスト4に入った。

 では、どうして酒井監督は細かい戦略を生み出すことができるのか。それは市立船橋での現役時代が関係していた。
 「(考え方が)一番鍛えられて今の土台ができたのは、習志野で監督をやっている小林徹監督のおかげです。小林監督は自分の高校の時の監督で、絶対的な恩師ですね。あんなにすごい監督はいないと思います。その恩師の野球から感性を磨かせて頂きました。
 それを元に、公立でも勝てる野球は何なのかと考えたのがこの野球でした。」

 高校時代に培った感性と、選手を育てることを優先した野球を貫く酒井監督。新チームの時のことを副主将の首藤広一選手に聞いた。

 「最初は小見山颯生主将の指示通りに動いていれば大丈夫だと思っていて、そのまま練習試合も重ねて秋の大会に入りました。
 一次予選は代表決定戦までコールド勝利ができて良い流れでしたので、そのままいけるかと思っていましたが、代表決定戦では序盤から崩されて動揺してしまいました。結局その試合は勝つことができず、二次予選に入っても同様を引きずって何もできずに秋の大会が終わってしまいました」と振り返る。



首藤広一副主将

 また主将の小見山は、「秋の大会に入る前までは調子が良かったので、監督からも秋の大会前の仕上がりは今まで一番いいと。それなのに県大会に出られなくて正直苦しかったです」と話す。

 酒井監督も、「選手を頼りにしているからこういった結果になっているかもしれません。自分が積極的に采配から何まで自分優先でチームを運営すれば、もう少しうまくいっているかもしれません」と話す。

 それでも勝ちにこだわるのではなく、選手たちの人間教育を優先する。選手たちが将来、社会に出た時に常に前を向き続けてほしい。後ろを振り返って反省ばかりしないでほしい、と考えているのである。