第592回 強豪私学の前に敗れて気づいた凡事徹底の大切さ 白岡(埼玉)【前編】2019年03月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【白岡の練習の様子をギャラリーでチェック!】
[1]春日部共栄に喫した悔しい敗戦
[2]無欲になれ!

 全国屈指の激戦区である埼玉県。その埼玉で過去に夏の埼玉大会で決勝進出、昨秋の県大会では初戦で南埼玉代表・浦和学院を破った県立高がある。その学校が今回の訪問先である白岡高校である。
 昨秋から監督が変わり、新体制となった大会でいきなりジャイアントキリングをやってのけた白岡。2019年の埼玉で要注目の学校を直撃した。

春日部共栄に喫した悔しい敗戦



ランニングをする白岡の選手たち

 前任の鳥居 俊秀監督は、2015年に夏の埼玉大会で決勝戦までチームを導くなど、実績を残してきた。その監督が昨夏の大会を最後に退任。新チームの指揮官として、高橋勝也監督が就任した。

 高橋監督に新チーム当時の様子を伺うと、
 「3年生たちは2015年の夏の決勝を中学3年生の時に見てウチに入学してきました。ですが2年生はその後に入ってきたので、3年生とはモチベーションやレベルが違う。ガクッと落ちてしまい、(3年生たちとは)差があるな、と思いました。」と不安の船出となった。

 そうした中でまず高橋監督が着手したのは、練習量を増やすことだった。
 「練習試合をしてもなかなか勝つのはむずかしいと思ったので、ひたすらノックやバッティング、そしてシートバッティングで選手それぞれの基礎の向上を図りました。」

 鳥居前監督時代は例年、毎日のように練習試合があったが、高橋監督は3分の1くらいにまで減らした。

 それが結果として秋の躍進につながったと高橋監督は考えるが、それ以上にチームへ大きな影響をもたらしたのが、春日部共栄との新人戦だった。
 「(春日部共栄戦は)大敗を予想していましたが、それよりも内容がひどかったです。見えないエラーが10個くらいありました。自分としては7回、もしくは9回までやりたかったのに、結局15対1で5回コールド。非常に情けなかったです。」

 春日部共栄との一戦を振り返ったのち、続けてこう語った。
 「試合後に何が原因で、何をやらないといけないのか、選手に話しました。試合を反省して、敗因を説明したところ、それがキッカケで選手たちの気持ちが変わってきました。

【次のページ】 無欲になれ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第82回 白岡(埼玉)「強豪私学を倒すための力を付ける冬」【冬が僕らを強くする2019】
第788回 埼玉大会が開幕!浦和学院、花咲徳栄ともに序盤から強敵と対決!【大会展望・総括コラム】
第720回 花咲徳栄の独走を止めるのはどこだ!?北埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
白岡vs朝霞西【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
ふじみ野vs白岡【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
白岡vs栄北【埼玉県 2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第428回 【埼玉展望】本命不在の埼玉大会を制するのは?各ブロックの好カード、見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs白岡【埼玉県 2015年夏の大会 第97回選手権埼玉大会】
白岡vs浦和学院【埼玉県 2015年夏の大会 第97回選手権埼玉大会】
白岡 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム