目次

[1]パワーアップと堅守、そしてメンタルの強化で全国へ
[2]責任と感謝をもってまずは1勝を掴み取る!

 学校創立は1910(明治43)年、創部1914(大正3)年という歴史を誇る石岡一野球部。今春の第91回選抜高校野球大会に、21世紀枠代表校として選出されて、春夏通じて初めての甲子園出場を果たすこととなった。後編では守備力強化に取り組む理由や秋季大会の振り返り、そして選抜への意気込みを伺った

 創部105年目に「春が来た」! 新たな一歩に地元の期待も高まる 石岡一(茨城)【前編】

パワーアップと堅守、そしてメンタルの強化で全国へ


 チームとしては、目標体重を掲げており、それをベンチにも掲示してある。飯岡 大政君自身は秋季大会後から5.8kg増えている。4番打者としてはパワーアップも目指すところだ。

 目標体重に届かない選手は、卵かけご飯をメインとした補食で増やしていく。新3年生となる金子さくらさんをはじめとして下級生の阿部千夏さんと鈴木咲依さんの3人の女子マネージャーたちは、夕方になるとすぐに補食の準備に取り掛かり、毎日4升分のご飯を用意するのも大事な仕事となっている。

 チームとしては秋季公式戦で、5試合16犠打を記録しているように、手堅く走者を進めていきながら、少ないチャンスを生かしていくというスタイルだ。そのためには、バントの精度を上げていくなど、確実に走者を進めていかれる攻撃をしていくこともテーマとしている。

 当然ながら、少ない得点をしっかりと守っていくことが勝利への近道でもある。ことに、守りのミスから崩れていくということだけは避けたいところである。それだけに、守備力強化は最も重要な強化ポイントである。華麗で派手なプレーである必要はないが、確実にアウトを取っていかれる守りを求めている。

 塚本圭一郎君と滑川孝之介君の二遊間の守りは公式戦5試合では無失策だったと言うように、堅実ではある。しかし、甲子園ではより強い打球、より難しい打球が来ることは当然であろう。それだけに、そんな打球の強さに負けない守りの強化はさらに進めていくところである。



捕食の卵かけごはんを準備するマネージャーたち

 一塁手の干場聖斗君と4番を任せられるであろう三塁手の飯岡君も含めて、内野陣は全員新2年生で組まれそうだ。他にも、レギュラーのうち6人が下級生となりそうなだけに、精神面の強化もより大切になってくる。

 川井政平監督は、「今年のメンバーは、たまたま下級生が多くなった」と言うが、秋季大会にでの県ベスト4という結果については、「攻守ともに最大限の力が出せた大会だった。長所を伸ばしていこうという指導が少しは生きたかな」と感じている。

 ただ一方では、「心配していた守りでミスが出て、結果としてはそれで負けてしまったことが課題となった」と反省している。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。