目次

[1]努力の質が違う
[2]今ある環境を当たり前だと思うな

 千葉ロッテマリーンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアムの近く、千葉市美浜区に学校を構える千葉県立検見川高校。千葉県内では進学校として有名な学校であるが、野球部は2017年の春と夏の大会でベスト4にまで勝ち上がった実力校でもある。
 戦国千葉で勉強も野球も結果を残す彼らは何を考え、どんな指導を受けているのか。強さの秘密を探るために、練習中の監督や選手を直撃した。

努力の質が違う


 現在、39人が所属する野球部を率いるのは、就任3年目を迎える酒井光雄監督である。

 酒井監督は、母校・市立船橋で教員生活をはじめ、その後は千葉県富里市にある特別支援学校で4年間勤務。2016年から検見川高校へ異動となり、同年秋から監督としてチームを率いている。

 特別支援学校での4年間、酒井監督は一度、高校野球の現場から離れることとなった。だが、そこでの4年間は酒井監督にとって非常に大事な基盤を作り上げることになった。

 「選手たちは健常者なので生き方という部分は違うんですけれども、特別支援学校の子どもたちは障害を抱えていても、普通の人にはできないことができるんです。それは、自分自身ができなくても努力をするということ。自分ができないことは努力をして克服しようとするんです。」

 障害のせいで普段の生活でつまずくことがないようにするために、どのように生きなければいけないのか。特に知的障害を抱える子どもたちは、そう考えて生きていた。そういったところは選手たちにはない生き方だと酒井監督は感じた。

 そんな子どもたちを見てきたからこそ、酒井監督は「選手たちは甘えすぎ」だとあえて厳しく言う。
 「選手たちは今、普通に生きて呼吸をすることができますが、特別支援学校の子どもたちの中には呼吸することが難しい子どももいました。
 また、知的障害があるけども、障害者雇用での一般企業就職を目指している子どももいました。だけれど、学習障害があるから勉強が苦手なんですよ。でもそれを見せないために死に物狂いで努力をして、社会に出て行こうと考えて生きている。そんな子どもたちばかりでしたので、選手たちよりも何十倍も努力をしています。」