目次

[1]守備を重視する理由
[2]昨秋の県大会では選手がカバーし合いベスト16入り!

 2018年、千葉県の21世紀枠推薦校に選出された県立佐倉高校。昨年は県大会で千葉経大附を破り、ベスト16へ進出するなど、健闘を見せた。佐倉はミスターこと長嶋茂雄氏の母校としても知られるが、学校の創立は江戸時代の寛政4年(1792)まで遡る。その後、長い歴史を経て、現在の校名となったのは1948年。一度、佐倉第一となったが、1961年には現校名となっている。

 文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)、スーパーグローバルハイスクール(SGH)に認定され、現役で東京大、難関私大の合格者を輩出するなど、県内屈指の進学校と知られる佐倉

 今回は秋の大会の軌跡と勉強と部活の両立を2点に分けて佐倉を紹介していきたい。前編では秋の大会を振り返る。

守備を重視する理由


 現在、フライボール革命など最新の理論を駆使して、打撃強化するチームが多くなっているが、佐倉はその逆を行く守備力重視のチームカラーだ。
 「私はもう昔ながらの指導者なので、ピッチャーを中心とした守りが根本となります。」と説明するのが堀内 幹仁監督だ。

 堀内監督は長野県の伊那北出身で、順天堂大学に進み、卒業後は千葉南で教員としてスタート。その後、千葉商検見川若松と千葉市の県立校で指導者を務め、5年前から佐倉の監督に就任した。

 堀内監督は長い指導者生活で千葉の高校野球を長く見てきた。また、1月に逝去された小枝守氏(元拓大紅陵)から練習試合で交流して、多くのことを学んできた。

 堀内監督が大事にするには「反復練習」だ。
 「昔から変わらないのは『基本』ですね。基本の反復といいますか、要は当たり前のアウトを当たり前に取り続けるというのが一番です。ただそれだけではなく、ファインプレーや頭脳的プレーを織り交ぜていくのも大切ですし、捕るのが難しいと思う打球に対してもアウトにしなければなりません。
 そういうプレーはまず基本ができて挑戦できるプレーであり、うちでは基本の反復は重視しています」

 まず守備ができて、強豪校と渡り合えるというのが佐倉の考え方なのである。実際に取材日の練習は守備練習が中心。シートノック、状況付きのノックなど捕球だけではなく、連携プレーも重視して練習を行う。特に連携プレーはスムーズだ。平日の練習時間は1時間半と練習時間が限られている中、意識高く取り組んでいる様子が見られた。