目次

[1]学年でチームを分けたことで生まれた「団結力」
[2]固い守備を作り出したのは「先を読む意識」と「松倉の制球力」

 佐野日大高校へ訪れたのは、選抜甲子園の出場校が発表される2日前。選抜への出場は当落線上と見られていただけに、落ち着かない気持ちがチームに流れているのではないかと予想していた。
 しかし実際に訪問すると、以外にも吹っ切れたような表情で練習に打ち込む選手の姿があり、筆者の予想は見事に外れた。

 結果的に選抜甲子園への出場はならなかったが、佐野日大を率いる麦倉洋一監督を始め、選手たちは皆口を揃えてこう話す。
 「選抜はないものと考えてやっています」
 今回は、そんな佐野日大の麦倉監督と主将の八ツ代敢大(やつしろかんた)にお話を伺い、秋季栃木大会を制すことができた要因、そして夏へ向けた課題と意気込みなどを伺った。

学年でチームを分けたことで生まれた「団結力」


 佐野日大秋季栃木県大会を制したのは、2013年の秋季栃木県大会以来となる。当時の佐野日大は、プロ注目で絶対的エースだった田嶋 大樹(現オリックス)を中心に高い総合力を持つチームであったが、今年のチームは少し状況が異なる。

 「今年のチームは、目立つような選手はいません。ヒットは出ても長打は出ませんし、ホームラン0本で県大会を優勝したのはウチのチームくらいだと思います」

 そう語るのは、佐野日大を率いる麦倉洋一監督だ。では個の力がない中で佐野日大秋季栃木県大会を制すことが出来た要因は、いったいどこにあるのだろうか。
 ここでまず麦倉監督が挙げたのが、チームの団結力だ。



ティーバッティングの様子

 「昨年から3年生をAチームとして、2年生以下をBチームとするようにしました。上級生の中に下級生が入ると遠慮するというのが見えてたので、学年でチームを分けて、秋からのチームを目指そうということで今の2年生はやってきました」

 前チームから2年生だけのチームで動いていたことで、3年生が引退するよりも前にチーム作りを進めることができ、2年生としてのチーム力を高めることができた。これこそが、麦倉監督が秋季栃木県大会優勝の要因として挙げた「団結力」の正体だ。

 「Bチーム単独でよく練習試合に行ってもらっていました。団結力もありましたし、一つ成功したな、間違ってなかったかなというのは感じています」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。