第570回 甲子園出場2回の古豪・我孫子。復活のカギは自ら殻を破ること2019年02月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【我孫子の練習の様子をギャラリーでチェック!】
[1]全体練習は18時前後で終了。選手が練習メニューを考案する理由
[2]エース・綾部がノックを打ち、強化中!

 千葉県立我孫子高校。
 1970年に創設と、千葉県内では比較的新しい公立校だが、なんと1978年に武藤信二投手(元ロッテ)を擁し、初の甲子園出場。1991年には荒井 修光投手(北海道日本ハム 球団職員)を擁しベスト16と我孫子市が誇る実力校へ成長していった。なんと同校には専用グラウンド、トレーニングルーム、細々としながらも食堂があり、県立高としては恵まれた環境の中で日々練習をしている。

 そんな我孫子高校のグラウンドに行くと、学校のスローガンである「”生徒のために”」という思いが表現されていた。

全体練習は18時前後で終了。選手が練習メニューを考案する理由



ノッカーも選手が務めるなど、選手主体の練習が我孫子流

 我孫子市のシンボルとされる手賀沼近くに所在する高校から少し離れたところにグラウンドがある。野球部員は練習前にミーティングを行っている。柴田遼太郎監督は一歩引いたところで選手たちを見守っている。

 そう、オフ期間は選手たちが練習メニュー、練習時間を設定しているのだ。実際に取材日では16時に練習が始まり、18時前には全体練習が完了した。その後は課題練習という名の自主練習に入り、それぞれがメニューをこなす。

 こういう流れになった経緯を柴田監督はこう語る。
 「私がメニューを組んでこうやるぞとやったら、ある程度は強くなると思うんです。しかし“ある程度”なんですよね。ベスト16とかベスト8とかそれぐらいだと思うんです。でも彼らはもうちょっと上手くなりたいとか強くなりたいと言っているので、だとすれば一番は、自分自身が考えて“よし、これだ!”って強くなっていけば、殻が破れると思うんです。
 今はやっぱり、指導者が与えたメニューで殻が破れるのはそんなにいないと思うので、そうなると結局は自分の器の中でしか野球ができないので、大きくならないかなと。できれば彼らが自分の器を大きくして殻を破った方が、野球以上に得られるものがあるのかなと思います。練習を見ていると、は言いたいこと、指摘したいことはたくさんあるんですけどね」

 柴田監督は2013年に監督に就任。2013年秋には千葉英和東海大市原望洋を破ってベスト16入り、その後は強豪校に接戦と毎年、好チームを作り上げている。

 だからこそ見えてくるものはある。しかしそこは選手の成長のため。ぐっと我慢をしている。だからこそ柴田監督は選手同士が指摘し合うことを望んでいる。
 すると練習日に行われたノックの様子を見ていくと、選手同士が守備の動き、連携の乱れがあれば指摘しあっている。柴田監督は「最近になり、指摘する声が多くなり、良くなってきました」と目を細める。

 柴田監督が選手に自主性を求めるのは殻を破るだけではなく、県立校ならではの事情がある。
 「私も我孫子に赴任して5年が経ちました。いつ転任が決まるか、分かりません。監督の色が強すぎたり、監督主導でやったりすると、何もできない。生徒たち自身が考えて動けるようだと、いざ新任の先生になった時に、色に染まりやすいだろうし、自主的に動けることは大きい」
 目先の事ではなく、先を通してみている。柴田監督の方針はもちろん選手たちは理解している。渡辺柊介主将は
「自分たちは自立しなければいけないと思うので、監督に頼らず、大会でも自分たちになると思うので、自分たちでやるようにしています」

 このように全体練習の時間が短いと帰る選手はほとんどいない。この日は、ノックで多くの内野手が捕球ミス。その反省をして内野手自らノックを志願。選手がノックを打ち、捕球を重ねる。そしてティーバッティング、トレーニングとやることは様々で、自主練習が終わるのは20時、21時まで及ぶ。

 主将の渡辺はバットが下がる癖を課題としており、「上から低いライナーを打つイメージでやっています」と打撃練習から工夫しており、さらに投手陣から信頼を得られるよう、古田敦也氏の現役時代の動画を見てキャッチングを学んでいる。

【次のページ】 エース・綾部がノックを打ち、強化中!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第919回 繊細な投球を可能にする天性の指先感覚!心技体を揃え、夏は飛躍を!齋藤 正貴(佐倉)【後編】 【2019年インタビュー】
第913回 伝統校に現れた本格派左腕が佐倉に進学した理由 齋藤 正貴(佐倉)【前編】 【2019年インタビュー】
第86回 「皆の可能性を保証します!」選手に花咲かせる存在へ 我孫子(千葉)頑張る!マネージャー【頑張る!マネージャー】
第843回 春の千葉は一次予選から見逃せない!まだまだ隠れた逸材が!【後編】【大会展望・総括コラム】
第903回 千葉の速球投手に負けたくない! 投打の大黒柱・綾部郁海(我孫子)  【2019年インタビュー】
市立柏vs我孫子【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
八千代松陰vs我孫子東【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
流通経済大柏vs我孫子【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
第512回 戦国千葉2017が幕開け!木更津総合、専大松戸、東海大市原望洋の三強を追う実力校たち【大会展望・総括コラム】
第456回 この春も一次予選から激戦!8ブロックの見所を紹介!【2017年千葉春季県大会地区予選展望】【大会展望・総括コラム】
習志野vs我孫子【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会】
第426回 【千葉展望】序盤から好カードが目白押し!どこが抜けだしてもおかしくない激しい大会に!【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs我孫子【千葉県 2015年秋の大会 千葉県秋季大会】
綾部 郁海(我孫子) 【選手名鑑】
我孫子 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム