第568回 全員攻撃野球で甲子園を狙う!関大北陽【後編】2019年02月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【関大北陽の練習の様子をギャラリーでチェック!】
[1]限界を超えることで心の支えとなる
[2]伝統のメンタリティを武器に大阪の頂点へ

 前編では関大北陽の現在の練習状況、そして新チーム発足時から秋季大会までを振り返った。そして後編では、秋の8強を超えるために関大北陽の選手たちが現在どんなテーマを据えてトレーニングをしているのか。最後に春先への意気込みを伺った。

 夢舞台を想定した機敏さと自信を深めた秋 関大北陽【前編】

限界を超えることで心の支えとなる



トレーニング中の様子

 この冬は個々の能力を上げることに注力している。特に毎年恒例となっているのが、年末の強化練習だ。クリスマス前後から年末年始休暇の直前までの数日間を強化期間に充てている。その期間は午前中に約2時間のランニングメニューをこなした後に約1時間の個人ノック、午後にも連続ティーなどで1000~1500スイングを行う。

 赤松俊祐によると朝から走り込むことで足がガクガクになっているというが、「チーム全員で盛り上げるのは意識していて、しんどい時にどれだけ自分たちで明るくできるかということを意識していました」と全員でこの強化練習を乗り越えた。

 「限界を超えてもらっているので、『苦しい時はあの時を思い出せ』と言っています」と辻本忠監督は選手に言い聞かせているという。自らの限界を突破するほどの練習をしてきたことが彼らの支えとなっている。

 冬を超えれば勝負の時期がやってくる。指揮官が特に期待しているのが主将で中心打者の赤松だ。1年夏からレギュラーの座を勝ち取り、高校通算で18本の本塁打を放っている。

 「1年生から試合に出ていた責任感からか調子を崩していたんですよね。それがだいぶ乗り越え始めた兆しを見せてくれているので、精神的には凄く強くなってきました。キャプテンをすることで人のことを考え始めて人間的な成長が見られています」と辻本監督は赤松の成長を評価している。

【次のページ】 伝統のメンタリティを武器に大阪の頂点へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第91回 何の不自由もなく過ごしてもらいたい、理想は気の利くマネージャー!関大北陽(大阪)【頑張る!マネージャー】
第554回 夢舞台を想定した機敏さと自信を深めた秋 関大北陽【前編】【野球部訪問】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第711回 北大阪展望 大阪桐蔭、履正社のブロックには実力校が集結!【大会展望・総括コラム】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
関大北陽vs初芝立命館【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2016年秋の大会 平成28年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
関大北陽 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム