第558回 丁寧に築き上げた藤代の城壁!戦いを通じて形になった堅いディフェンス【前編】2019年02月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]心のリフレッシュでほぐれた緊張
[2]成長と課題が見つかった秋季大会

 県立校ながら01年のセンバツ初出場を皮切りに、春2回、夏3回の甲子園出場を誇る藤代。美馬 学(楽天)や井坂 亮平(元楽天)といったプロ野球選手を輩出して甲子園では3勝。

 現在も常総学院霞ヶ浦土浦日大明秀学園日立など強豪私立がひしめく茨城にあって奮闘し、昨秋も茨城大会で準優勝と見事な戦績を収めて関東大会にも出場した。そんな公立の雄を率いる菊地 一郎監督に、今季のチームの足跡を振り返ってもらった。

心のリフレッシュでほぐれた緊張



藤代 菊地一郎監督

 1学年上の昨夏のチームと比べると、今季は苦戦を予想していたという菊地監督。
 「昨年は140キロを投げるピッチャーが3人いて、サウスポーなどのバリエーションもありましたが、今年は実戦経験が少ない投手ばかりで実力も未知数。打線もパワーが劣っていたので『一年かけて鍛え、夏に勝負』と考えていました」

 そんな状況のなかで、菊地監督が目を付けていたのは投打以外の部分だった。
 「公立校は(実力のある選手が安定して多く入ってくるわけではないので)集まった選手の長所を突き詰めて、毎年、強化するテーマを変えるのですが、今年は守りがきちんとできて、足の速い選手が多かったんです。ですから、『守り勝つ野球』をテーマに掲げました」

 新チームは昨年7月下旬に始動。8月中旬には秋季大会のシードを決めるための大会が開催されるため、「すぐに試合ができるようにランナーを付けたノックをして、『このシチュエーションでは、こういう守り方するんだ。こう動くんだ』というフォーメーションの約束事を確認していきました」と、実戦に近い練習を繰り返した。しかし、そのシードを決める県南選抜大会では同じ公立の竜ヶ崎一に敗戦。しかも「一方的にやられてしまった」ということもあり、チームは暗く沈んだ。

 そこで、菊地監督は思い切った策に出る。
 「8月末に4連休を与えました。元々、ウチは『力がないんだったら、人一倍、練習をしなければならない』という考え方なので練習はしっかりとやるチームなのですが、選手に精神的な疲れが見えていたので休みを取らざるを得なかったというのが正直なところです。この時期に練習を休みにするのは私にとっても初めてのことでしたし、選手もどうしていいのか分からない様子でしたね」

 そんなチーム状態のため、秋季大会ではまず地区大会を突破するのが目標だったという藤代。だが、連休を取ってリフレッシュしたことで状況は好転していった。

 県南地区大会の代表決定戦・牛久栄進戦では4回裏に一挙、8点のビッグイニングを作ると5回裏にも2点を挙げて10対0のコールド勝ち。「実は一昨年の秋に県大会への連続出場記録が途切れたのですが、今年の選手たちには『実力のある先輩たちでも出場できなかったのに、自分たちが行けるのか』という不安があったのだと思います。でも、県大会へ勝ち上がることができたので、みんながホッとしてチーム内の緊張感もほぐれていったんです」

【次のページ】 成長と課題が見つかった秋季大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
常総学院vs日立商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第633回 好投手攻略へ、打撃力、筋力アップを遂げ、激戦・茨城を勝ち抜く!石岡一(茨城)【野球部訪問】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第111回 「頑張る選手を近くで見れることが幸せ!」鳥栖商(佐賀)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
東海大相模vs常総学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
桐光学園vs藤代【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第929回 センバツで150キロ出したい!夏の甲子園へ監督を連れていく岩本大地(石岡一)の覚悟【後編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
牛久栄進 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
土浦日大 【高校別データ】
藤代 【高校別データ】
水戸葵陵 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
守谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム