目次

[1]まず経験値を積んでチーム力を強化
[2]栄養価が高いゲームが多かった関東大会

 千葉県きっての名門・習志野。今年の秋季関東大会ではベスト4に入り、10年ぶりの選抜出場となった。前チームのレギュラーは1人のみ。「打力は強打の名門校と比べればかなり低い。本当に未知数なチーム」と小林徹監督が評するチームはこの秋、どう戦ったのか。

まず経験値を積んでチーム力を強化


 「楽な試合は1つもなかった。すべてが苦しい試合でした」と語る習志野・小林徹監督の言葉は誇張でもなく、事実だろう。公式戦11試合を行い、2点差以内のゲームは5試合、コールドゲームわずか3試合だった。夏のレギュラーは根本 翔吾しかいない。投手陣では140キロを超える飯塚も先発完投を任せられるほどの総合力はない。それでもどうやって力をつけて、チーム力を高めていったのか。

 まず小林監督は選手の実力をつけるために経験値が高めることが必要と考えた。すなわち公式戦で勝つことである。
「実力は決して突出したものはないので。上級生とのポジション争いに勝てなかった夏から時間がたっていないので勝つこと負けることよりも心配のほうが多かったですね。経験値が低いことの解消法は公式戦の場数を踏むしかありません。」

 そのため勝つための方法として、投手起用、野手起用など戦略部分は小林監督が考え尽くし、勝つごとに経験値を高めていったのだ。またチームをまとめるには欠かせないのが主将の存在だ。今年は根本が主将を務めているが、選手同士で決めたものである。その経緯について小林監督は、
「主将は基本的には選手たちのリーダー。我々の指示の伝達役ではないので、選手主導で決めることが多いです。根本は上級生がいた時からリーダーとして引っ張るタイプではないとみていたのでこちらから積極的に指名するわけでもなくはじめのころは日替わりで何日かやってみてその中で決めさせました」



ピッチング練習をする習志野投手陣

 次に投手起用。今年の習志野は145キロ右腕・飯塚 脩人がいるものの、まだ1試合を投げ切れる投手はいないと小林監督からの評価は厳しい。その中でも1年生左腕・山内 翔太が現在の投手陣でも最も先発に適した投手だと評価し、数多くの試合で先発した。
「一人で一試合投げ切れる投手がいないから2人、もしくは3人で一試合いこうというのが現状です。その中で山内は先発がいいかなという感じです」

  また飯塚のリリーフ起用については、「春から少しづつ投げている経験はありましたけど夏まで一試合投げ切るという経験はありませんでした。そういう部分では完成されていない部分が多くあったので。本当のエースは先発をして完投して勝ち切るという大黒柱のようなもの。まだ秋の段階では、それは厳しいと感じていましたので、あくまで役割として山内と飯塚、県大会では杉山 隆玄と山内と飯塚というように二人、三人でという風にせざるを得なかったです」
 とはいえ、役割分担をさせて、彼らが能力を発揮させ、関東大会出場へつなげたことは見事であった。