第553回 習志野(千葉)苦戦を乗り越え、掴んだ全国への切符【前編】2019年01月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]まず経験値を積んでチーム力を強化
[2]栄養価が高いゲームが多かった関東大会

 千葉県きっての名門・習志野。今年の秋季関東大会ではベスト4に入り、10年ぶりの選抜出場となった。前チームのレギュラーは1人のみ。「打力は強打の名門校と比べればかなり低い。本当に未知数なチーム」と小林徹監督が評するチームはこの秋、どう戦ったのか。

まず経験値を積んでチーム力を強化



145キロ右腕飯塚脩人(習志野)

 「楽な試合は1つもなかった。すべてが苦しい試合でした」と語る習志野・小林徹監督の言葉は誇張でもなく、事実だろう。公式戦11試合を行い、2点差以内のゲームは5試合、コールドゲームわずか3試合だった。夏のレギュラーは根本 翔吾しかいない。投手陣では140キロを超える飯塚も先発完投を任せられるほどの総合力はない。それでもどうやって力をつけて、チーム力を高めていったのか。

 まず小林監督は選手の実力をつけるために経験値が高めることが必要と考えた。すなわち公式戦で勝つことである。
「実力は決して突出したものはないので。上級生とのポジション争いに勝てなかった夏から時間がたっていないので勝つこと負けることよりも心配のほうが多かったですね。経験値が低いことの解消法は公式戦の場数を踏むしかありません。」

 そのため勝つための方法として、投手起用、野手起用など戦略部分は小林監督が考え尽くし、勝つごとに経験値を高めていったのだ。またチームをまとめるには欠かせないのが主将の存在だ。今年は根本が主将を務めているが、選手同士で決めたものである。その経緯について小林監督は、
「主将は基本的には選手たちのリーダー。我々の指示の伝達役ではないので、選手主導で決めることが多いです。根本は上級生がいた時からリーダーとして引っ張るタイプではないとみていたのでこちらから積極的に指名するわけでもなくはじめのころは日替わりで何日かやってみてその中で決めさせました」



ピッチング練習をする習志野投手陣

 次に投手起用。今年の習志野は145キロ右腕・飯塚 脩人がいるものの、まだ1試合を投げ切れる投手はいないと小林監督からの評価は厳しい。その中でも1年生左腕・山内 翔太が現在の投手陣でも最も先発に適した投手だと評価し、数多くの試合で先発した。
「一人で一試合投げ切れる投手がいないから2人、もしくは3人で一試合いこうというのが現状です。その中で山内は先発がいいかなという感じです」

  また飯塚のリリーフ起用については、「春から少しづつ投げている経験はありましたけど夏まで一試合投げ切るという経験はありませんでした。そういう部分では完成されていない部分が多くあったので。本当のエースは先発をして完投して勝ち切るという大黒柱のようなもの。まだ秋の段階では、それは厳しいと感じていましたので、あくまで役割として山内と飯塚、県大会では杉山 隆玄と山内と飯塚というように二人、三人でという風にせざるを得なかったです」
 とはいえ、役割分担をさせて、彼らが能力を発揮させ、関東大会出場へつなげたことは見事であった。

【次のページ】 栄養価が高いゲームが多かった関東大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第914回 篠木、藤井など来年のドラフト候補生とスーパー1年生たちを徹底紹介!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第623回 強豪との対戦で深めた自信、名門復活を懸けて京都外大西(京都)は夏に向かう【前編】【野球部訪問】
第913回 関東大会で評価を挙げた投手と野手は?注目選手のパフォーマンスを徹底分析!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第912回 これからは複数投手制がトレンド。東海大相模、東海大菅生など関東大会出場校の投手運用を振り返る【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
山村学園vs習志野【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第904回 2011年以来の関東制覇を狙う習志野が登場!春日部共栄・藤代は秋から成長した姿を見せるか?(最新版)【大会展望・総括コラム】
習志野vs専大松戸【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
習志野vs銚子商【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
東海大甲府vs都留【山梨県 2019年春の大会 春季山梨県大会】
習志野vs東海大市原望洋【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第868回 九州王者の背番号1・西雄大(筑陽学園)を成長させた九州大会の激闘 【2019年インタビュー】
飯塚 脩人(習志野) 【選手名鑑】
杉山 隆玄(習志野) 【選手名鑑】
角田 勇斗(習志野) 【選手名鑑】
根本 翔吾(習志野) 【選手名鑑】
山内 翔太(習志野) 【選手名鑑】
桐生第一 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム