目次

[1]爆発力をテーマにビックイニングを作れる打線へ
[2]秋季大会で成果を実感

 岩倉(東京)といえば、84年春のセンバツでKKコンビと呼ばれた桑田 真澄、清原和博(共に元巨人など)を擁するPL学園(大阪)を決勝戦で下して全国優勝。97年夏にも甲子園に出場するなど輝かしい実績を誇っている。今秋の東京大会では、近年、なかなか破れていなかったベスト16の壁を突破して準々決勝まで勝ち上がったが、その新チームについてのお話を伺った。

爆発力をテーマにビックイニングを作れる打線へ


 主将でキャッチャーの荻野 魁也(2年)をはじめ、エースの宮里 優吾(2年)、セカンドの岡根 秀(2年)とセンターラインに1年夏からの経験者が残った今季の岩倉。それだけに、チームを率いる豊田 浩之監督も「ある程度、高いチーム力を持って、この秋のシーズンに入れる」と感じていたという。

 そんななかでチームを強化するうえでのテーマとして掲げたのが「爆発力」だ。
 「ここ数年は『どうやって1点を防ぐか。どうやって1点を奪うか』にこだわりを持ってやってきましたが、今夏の修徳戦(2回戦)は初回に四球絡みで3点を奪われてしまうと、そのまま追いつくことができずに敗れてしまいました(3対7)。この試合を通じて、1点を取るための術は持っていても、1イニングに2点、3点と一気に大量点を取る力がないと痛感したので、ビッグイニングを作れるように『爆発力』をキーワードにしたんです」(豊田監督)



コーチの話を聞く岩倉の選手たち

 この「爆発力」を手にするために、まずは意識を変えるところから取り組んだ。「これまではケースバッティングを徹底していて、右方向やゴロといった条件を付けて練習をしていました。例えば、一死一塁の場面ならライト方向を狙って打つのがセオリーだと思いますが、無理に右方向へ流そうとして弱い打球になってしまい4-6-3の併殺を喫するのも、思い切り引っ張って6-4-3のダブルプレーになるのも結果としては一緒。それならばと、新チームでは粗さや雑なところには目をつむり、『とにかく強く。そして遠くへ飛ばせ』という指導をして、選手の意識改革を行いました」(豊田監督)。

 この改革を選手たちも受け入れており、荻野主将は「これまでと違って自分の100%のスイングができるし、今の考え方のほうが合っている」と歓迎。豊田監督も「ボールが遠くまで飛べば、どのバッターだって嬉しいですから、みんな目の色を変えて練習しています」と話す。