目次

[1]「史上最低」と呼ばれ始まった新チーム
[2]苦戦しながらも成長した投手陣

 91年春と93年春のセンバツで、チームを全国4強へ導いた実績を持つ永田昌弘監督が16年秋に復帰。以降の公式戦では6大会中5大会でベスト4以上の成績を残すなど、安定して上位に進出していた国士舘(東京)。7大会目となった昨秋の東京大会では遂に優勝し、今春のセンバツ出場も有力視されているが、そんな士気の上がる国士舘の練習グラウンドにおじゃましてきた。

「史上最低」と呼ばれ始まった新チーム


 「史上最低」。昨秋、永田監督は今季のチームをそう呼んだ。
 確かに、昨夏は石井 峻太、草薙 柊太井田 尚吾と能力の高い3人のサウスポーを擁し、甲子園の有力候補として名前を挙げられていたのに比べると、今年の投手陣は公式戦に登板した経験がなく、野手を見てもレギュラーだったのは黒川 麟太朗(2年)のみ。

 「本当にゼロからのスタートで危機感があった」と永田監督。しかも、練習で集中力を欠いてしまうところがあり、松室 直樹主将(2年)も「史上最低と言われても、『その通り』としか言えないチームだった」と認めるほど。時には「練習中に監督があきれ返ってしまい、1年生を連れてグラウンドを離れてしまうこともあった」という。

 永田監督も「元々、1年生だけを集めて守備と走塁の基本を教えたかったという理由もあるのですが、やはり上級生が怠けてしまうと下級生もマネしてしまう。だから、『こういう状況は良くないんだ』ということを選手の意識に植え付けたかったんです」と振り返る。

 ただ、もちろん史上最低と何度も繰り返して叱咤することで「選手たちが発奮してくれれば」という思いもあったという。
 そんな指揮官の気持ちが伝わりはじめたのは8月の終わり頃。永田監督は選手を前に「バッティングは昨年よりも今年の方が良い。実力がないわけではなくて、やる気がないのがダメなんだ」と諭すと、「1学年上のチームは体の大きさも技術面も自分たちよりも上。それでも昨夏の西東京大会では準決勝で負けてしまっていたので、『甲子園は無理』と諦めていたところがあった。でも、監督に初めて長所を挙げてもらい、まだ見捨てられてはいないと感じた」と話す松室主将をはじめ、覚醒したチームはモチベーションを上げていった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。