第535回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】2019年01月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]オフ期間に実施した新たな試み
[2]チーム全員が高い意識を持つために合言葉を変更

 昨秋の兵庫大会では、小野津名関西学院市立尼崎を退け、4強入りを果たした。準決勝で明石商に敗れた後に臨んだ報徳学園との3位決定戦では延長13回の死闘の末、惜敗。あと一歩の所で近畿大会出場は逃したが、昨夏の甲子園大会でベスト8に輝いた名門を追いつめた一体感のある戦いざまは強く印象に残った。
 後編では、オフの期間の取り組みや甲子園出場に向けた強い決意を伺った。

【前編】『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢

オフ期間に実施した新たな試み



ミーティングを行う様子

 走塁面では「盗塁力の向上」を課題に掲げた山本監督。カギとなるのは「タイミングはアウトでも、捕手の送球が逸れてセーフになればオッケー。結果オーライのように映るセーフでもそれは立派な盗塁という考え方をチーム全体で持てるようになること」と話す。

 「ストップウォッチで測った机上の計算では盗塁が厳しいと思われる場面でひるむ選手になってほしくないという思いがあります。キャッチャーの送球が逸れたということはスタート前からプレッシャーをかけることができたと解釈すればいい。多くの高校生捕手はここ一番の場面でなかなか二塁にストライクを投げることができませんし、公式戦で送球が逸れる割合は練習試合の倍はあると思っています。『思いのほか送球は逸れるもの』という感覚が宿れば、スタートを切る勇気も増しますから」

 オフ期間のランメニューに関しては、今オフは新たな試みを実施した。これまでは、オフ期間突入と同時にいわゆる「冬場の走り込み」メニューを組み入れてきたが、今オフは、12月いっぱいの走り込みを封印。その狙いを山本監督は次のように語った。

 「秋季大会期間中に大きくしてきた体をさらにスケールアップしたいという思いがありました。筋力を上げることでエンジンを大きく、強くすることができれば走るスピードも上がっていく。これまでは冬場は、長距離走、300メートルダッシュ、短距離ダッシュなどを冬場にガンガンおこなってきましたが、走り込みをおこなうと、体はなかなか大きくならない。まずはウエイトトレーニングと自重トレでエンジンのスケールアップをはかり、年が明けてからランメニューを入れていく、というやり方でこのオフは進めています」

【次のページ】 打ちにいって見逃せる技術

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立紅葉川vs攻玉社【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第79回 市立尼崎(兵庫)「目標に向かって最後まで食らいついていくチームに」【冬が僕らを強くする2019】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 兵庫ナンバーワン右腕・藤本竜輝(社)を支える「笑顔のマウンドさばき」【前編】 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第837回 黒川、東妻、来田など近畿の野手たちに注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本野手編】【大会展望・総括コラム】
第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商 【高校別データ】
市立尼崎 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
小野田工 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
津名 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
社 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム