目次

[1]「何かを変えなきゃいけない」から出た答えは自立
[2]行動の質を考える

 比嘉 公也監督は、現役時代99年春に沖縄尚学のエースナンバーを背負い沖縄県勢初の優勝を果している。06年に母校沖縄尚学の野球部監督に就任し、08年春には東浜 巨をエースに、指導者として再び全国制覇を成し遂げた。沖縄を代表する名将である。

「何かを変えなきゃいけない」から出た答えは自立


 秋季大会沖縄尚学沖縄水産に準決勝で惜敗している。大会後比嘉監督は「何かを変えなきゃいけない」と考えたという。

 その何かが、「自分の中で考える力」だ。

「今年はとにかく自立という部分を、とにかく時間がかかるかもしれませんが生徒に伝えています。」

 と語るように、今のチームに求めるのは、監督の指示系統で動くのでなく、自分たちで考え動けるチームだ。

試合中に自分で考え守備位置を変える。
盗塁ができると自分で判断して走れる。
打てない時に自分で考え足で揺さぶれる。

 など自分たちで考えて行動できるチームになるために、日常生活や練習からどのようなアプローチをして、夏までにチームを変貌させられるのか、比嘉監督は考えている。

 そのアプローチの一つが、「練習メニューを自分たちで考えさせる」ことだ

 「自分たちで何が足りないのかというのを考えさせて、また特に何がしたいのか、何が必要なのかというのを考えさせるようにして、二年生中心にメニューを考えさせるようにしています。」

 と語るように、練習メニューを考えることで、自分で考える力を養うことを期待している。

 そして、「自分たちで考え、自分たちのために時間を使う、という雰囲気は今までより全然いいのではないですかね 。」という言葉からも、比嘉監督が、チームの良い変化を感じているのが伝わる。