第533回 名将・比嘉監督が今のチームに求めるものは自立 沖縄尚学2019年01月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「何かを変えなきゃいけない」から出た答えは自立
[2]行動の質を考える

 比嘉 公也監督は、現役時代99年春に沖縄尚学のエースナンバーを背負い沖縄県勢初の優勝を果している。06年に母校沖縄尚学の野球部監督に就任し、08年春には東浜 巨をエースに、指導者として再び全国制覇を成し遂げた。沖縄を代表する名将である。

「何かを変えなきゃいけない」から出た答えは自立



指導する比嘉公也監督

 秋季大会沖縄尚学沖縄水産に準決勝で惜敗している。大会後比嘉監督は「何かを変えなきゃいけない」と考えたという。

 その何かが、「自分の中で考える力」だ。

「今年はとにかく自立という部分を、とにかく時間がかかるかもしれませんが生徒に伝えています。」

 と語るように、今のチームに求めるのは、監督の指示系統で動くのでなく、自分たちで考え動けるチームだ。

試合中に自分で考え守備位置を変える。
盗塁ができると自分で判断して走れる。
打てない時に自分で考え足で揺さぶれる。

 など自分たちで考えて行動できるチームになるために、日常生活や練習からどのようなアプローチをして、夏までにチームを変貌させられるのか、比嘉監督は考えている。

 そのアプローチの一つが、「練習メニューを自分たちで考えさせる」ことだ

 「自分たちで何が足りないのかというのを考えさせて、また特に何がしたいのか、何が必要なのかというのを考えさせるようにして、二年生中心にメニューを考えさせるようにしています。」

 と語るように、練習メニューを考えることで、自分で考える力を養うことを期待している。

 そして、「自分たちで考え、自分たちのために時間を使う、という雰囲気は今までより全然いいのではないですかね 。」という言葉からも、比嘉監督が、チームの良い変化を感じているのが伝わる。

【次のページ】 行動の質を考える

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第874回 目指すは高校通算50本塁打!名将・比嘉 公也も認めるすば抜けたポテンシャル 水谷留佳(沖縄尚学) 【2019年インタビュー】
第806回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
沖縄尚学vs具志川商【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
沖縄尚学vs中部農林【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
沖縄尚学vs石川【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
コザvs沖縄尚学【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs北山【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手 【2014年インタビュー】
東浜 巨(沖縄尚学) 【選手名鑑】
沖縄尚学 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム