第534回 一戦必勝が導いた優勝!甲子園で勝つためにさらなる高みへ!【バッテリー座談会 後編】2019年01月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]明治神宮大会でわかった自分たちの現在地
[2]さらにレベルアップして無敵のチームを作る

 創部10年目で初の全国舞台となった今秋の明治神宮大会を制した札幌大谷。前編は新チーム結成時から明治神宮大会に進出するまでの軌跡を、エース・西原 健太とキャッチャー・飯田 柊哉に語ってもらった。後編では明治神宮大会での収穫と勝ち上がれた要因。そして春への意気込みを語ってもらった。

<メンバー>
西原 健太(2年)・投手・右投右打
飯田 柊哉(2年)・捕手・右投右打

 創部10年目で神宮大会V!札幌大谷バッテリーが語る、明治神宮大会初出場までの道のり【バッテリー座談会 前編】

明治神宮大会でわかった自分たちの現在地


明治神宮大会での西原健太-飯田柊哉バッテリー

―― 秋の全道を制し、明治神宮大会に駒を進めた札幌大谷。初の全国舞台に挑むにあたり、どんな準備をしたのでしょうか?

飯田柊哉(以下、飯田) 当然強いチームばかり出てきますからね。うちは初出場だったし、とにかくたくさん学ばせてもらおうと思っていました。今、自分たちの持っている力をすべて出すことだけを心掛けていました。とにかく目の前の試合に集中しようと。

西原健太(以下、西原) 支部予選、全道大会と全然自分のピッチングができなかったので、明治神宮大会までに何とかしないといけないと必死でした。全道大会のあと、大学の神田(幸輝)監督にフォームをチェックしてもらい、右ひざの使い方を直してもらいました。神田監督のアドバイスでフォームが安定して、勝手にいい球がいくようになりました。変化球も安定しましたね。

―― それぞれの地区を制したチャンピオンチームばかりが顔をそろえた明治神宮大会でも、札幌大谷は自分たちの野球を貫き通しました。初戦の龍谷大平安戦では5失策を記録したが、気持ちが切れることはなく1点差で逃げ切り。あれよあれよと決勝まで勝ち上がり、秋の頂点に立ちました

飯田 決勝の星稜戦で奥川(恭伸)投手と対戦できたことが一番ですね。高校NO1投手だと思いますし、結局自分たちは手も足も出なかった。でもこの投手を打たないと全国では勝てない。冬場にやるべきことが決まりましたからね。

西原 全部の試合が印象に残っています。決勝ではテレビで見ていた奥川投手を見ることができたことが、大きな財産になりました。自分はまだまだ力不足。全国レベルの投手と力勝負ができるようになりたいという思いが強くなりました。

【次のページ】 さらにレベルアップして無敵のチームを作る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
星稜vs近江【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第25回 吉村卓也が期待する名門校や神宮大会優勝校の選抜出場選手を紹介!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第926回 客観視できる姿勢が万能型野手へ成長させた 水谷祥平(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第589回 負けん気と元気の2つの「気」を武器にチーム一丸となって全国制覇へ! 龍谷大平安(京都)【後編】【野球部訪問】
第851回 龍谷大平安と福知山成美の2校が選抜出場で活気溢れる春季京都大会を徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第588回 スタートも遅く、昨夏の経験者も少ない龍谷大平安はなぜ近畿の頂点に立てたのか?【前編】【野球部訪問】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第910回 札幌大谷(北海道)西原・飯田バッテリーが語る、選抜への意気込み! 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
札幌大谷vs筑陽学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
札幌大谷vs国士舘【2018年 第49回明治神宮野球大会】
飯田 柊哉(札幌大谷) 【選手名鑑】
西原 健太(札幌大谷) 【選手名鑑】
札幌大谷 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

京田 剛
京田 剛
  • ■生年月日 1967年5月16日
  • ■出身地 大阪府
  • ■経歴 奈良県立郡山高校―龍谷大学
  • ■小2から野球を始め、高校時代は捕手。大学では4年間マネジャーで、4年の時は関西六大学野球連盟学生委員長。
  • ■大学卒業後は報知新聞大阪本社でプロ野球、アマ野球を中心に取材。2004年からは大阪学院大学で2年間、硬式野球部の監督を務める。その後は北海道の道新スポーツで約5年、野球を取材。
  • ■2015年にはり師、きゅう師免許を取得し、現在は「スポーツ鍼灸 はり悟空」を経営。鍼灸師としてスポーツ選手を中心に治療に従事する傍ら、スポーツライターとして執筆活動もしている。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム