第524回 細かい野球を追求し悲願の甲子園へ 京都国際(京都)【後編】2018年12月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高い向上心で更なるレベルアップ!
[2]チーム一丸となって悲願の甲子園へ

 夏の京都大会で4強、秋には初の近畿大会出場を決め、初の甲子園出場が手の届くところまで来ている京都国際。卒業生には曽根 海成(広島)や清水 陸哉(ソフトバンク)といったプロ野球選手がおり、有力選手を輩出する学校として近年、注目を集めている。後編では近畿大会終了後の取り組みについて迫っていく。

高い向上心と高い意識で初の聖地を目指す京都国際(京都)【前編】

高い向上心で更なるレベルアップへ



主将・上野響平

 近畿大会を終えてからは実戦練習をほぼ毎日取り入れているという。「バントや走塁は日頃の鍛錬」と細かい野球を追求することで隙の無いチームを目指している。

 その一方で実践から離れるこの時期は「わがままになっていい」と、個人の能力を高めることをひたすら重視。体が小さい選手が多いこともあり、この冬はウエイトトレーニングに力を入れる一方で、体の可動域を広げるために古武術や脳科学と運動学を融合したライフキネティックの動きを取り入れるなど、様々な工夫を凝らしている。

 「高い意識を持って入ってくる子が増えてきました」と小牧監督が話すように、選手たちの向上心は高い。その代表格が主将の上野響平(2年)だ。プロ入りを目指して京都国際に入学してきた上野は1年春からショートのレギュラーを獲得。新チームでは主将となり、名実ともにチームを引っ張る立場となった。

 責任ある立場になったことで「ちょっとずつ仲間を思う気持ちや引っ張る姿勢が身に付いてきた」と小牧監督も成長ぶりを認める。コンタクト能力の高い打撃と、捕ってからの早さが光る守備は必見。高卒でのプロ入りを目標としており、今後の活躍に期待が高まる。

 京都国際のストロングポイントは投手力だ。旧チームから主戦として活躍しているのが、緩急の使い方が上手い左腕の生駒拓也(2年)と近畿大会で141㎞を記録した本格派右腕の酒井海央(2年)の二人。彼らが試合を作ることで安定した戦いができている。

 彼ら以外にも1年生の山口悠太や入海勇太が「冬を越せば生駒と酒井を抜くのではないか」と小牧監督が期待を寄せるほど成長が著しい。さらに秋はベンチ入りを逃した小野陸(2年)が今では最も調子がよく、140㎞に迫る球を投げているという。

 そして投手への熱意をむき出しにしているのが秋に4番を打っていた早真之介だ。チーム屈指の打撃センスを買われて1年夏から外野手として出場しているが、本来は130㎞後半の速球を投げ込む本格派左腕。「投手がしたくて仕方がない」と現在は投手のメニューをこなしている。

 「根っからの野球小僧」と小牧監督が評する早もプロ入りを目指す選手の一人。元から練習熱心な選手だったが、近畿大会では自らの失策で敗れたこともあり、悔しさを持って練習に取り組んでいるという。取材に訪れた日にも全体練習後に自主練習で外野ノックを受ける姿が見られた。

【次のページ】 チーム一丸となって悲願の甲子園へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第533回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第531回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
第523回 高い向上心と高い意識で初の聖地を目指す京都国際(京都)【前編】【野球部訪問】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第809回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第818回 侮れない2番捕手・水上桂(明石商)!来春はいぶし銀の活躍を見逃すな! 【2018年インタビュー】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs智辯和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs福知山成美【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
福知山成美vs京都すばる【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第680回 松本 航(日体大)短期間でフォーム修正を可能にした体の柔軟性 【2018年インタビュー】
第377回 市立明石商業高等学校 吉高 壯投手「チームの命運を握る立場だからこそ1球に意味を込めたい」 【2016年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
立命館守山 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム