第529回  ハングリー精神でさらなるチーム強化目指す 昭和第一学園(東京)【前編】2018年12月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

【目次】
[1]環境ハンデに負けずハングリー精神で戦う
[2]投手軸に・守り勝つチーム作り

 今秋の東京都大会は国士舘が10年ぶりの優勝を果たした。その国士舘が、決勝戦東海大菅生戦と共に苦戦したのが二回戦昭和一学園だった。高校野球としてはまだあまり知られていない存在かもしれないが、近年着実に力をつけてきており、強豪校にとっても油断ならない存在となっている。
 高校時代には甲子園出場経験もあり、東京六大学、社会人野球と高いレベルの野球を経験してきている。社会人のシダックス時代には元ヤクルト、楽天などを率いた名将野村克也元監督の薫陶も受けている。そうした野球が徐々に選手たちに浸透してきた成果でもあろう。そんな昭和一学園を訪ねてみた。

環境ハンデに負けずハングリー精神で戦う



昭和第一学園野球部

 東京都の西、多摩地区の大都市立川市。そのメイン繁華街となる立川駅の北口からバスで10分ほど、あるいは多摩都市モノレールで二駅の立飛駅から徒歩で10分ほどの住宅街の一角に、昭和一学園の校舎がある。そして、校舎に隣接し2018年2月に張り替えられたばかりだという人工芝が敷き詰められたグラウンドがある。左翼は70m弱で左中間の膨らみはないが中堅は120m、右翼線は96mとることが出来る。

 とは言え、グラウンドそのものは野球部専用とはなっていない。通常は授業が終了して、15時30分から練習開始となるが、平日は最初の2時間は全体の4分の1面くらいしか使用出来ない。つまり、ダイヤモンドの内野部分のみが使用可能ということになる。従ってその時間はマシンを使ってのバント練習や倉庫前での筋力トレーニング、使用可能なグラウンドの隙間を見つけてのティーバッティングや素振りがメインとなってしまう。

 そして、17時30分からは火曜と金曜が半面、水曜と木曜は全面使用できるので、その時に走者をつけてのシートノックや連携プレーなどを、完全下校となる20時まで、みっちりやるという方針だ。

 こうした必ずしも恵まれているというわけではない環境だ。それでも、2014年に就任した田中善則監督は、「都内では、校舎に隣接してグララウンドがあるということだけでも、授業が終了してすぐに、移動時間なしで練習に取り組めるのはいい方」と、環境に対しては嘆くというよりも、積極的に受け入れていこうという姿勢だ。

 田中監督は1984年に法政一(現法政大高)で春夏の甲子園を経験し法政大を経て、その後は社会人野球の名門たくぎんに進んだ。しかし、時代の流れでたくぎん野球部が休部したことで、新たにスタートを切ったシダックスに移籍した。後発のシダックスは企業チームで都市対抗本大会出場を目指してはいたがグラウンドは都内に専用球場を持っていなかった。だから、少年野球などが使用している飛田給の関東村グラウンドを間借りしながら練習に取り組んできていた。それでも、並み居る強豪に伍してきたという自負もある。

 「専用球場を有している、大きな企業チームのグラウンドでオープン戦などをさせていただいた時には、こういう環境のところに負けないぞという意識は、逆にむしろ芽生えていった」という。だから現在も選手たちには、この環境のハンデをバネにしていくことを説いている。

 「遠征などで、専用球場のある所へ窺わせていただいた時は、『ああ、いいグラウンドだなぁ。こんなところでやれたらいいなぁ』と思うだけではなくて、こういう環境でやれているところに、自分たちは負けてはいけない、こういう環境の恵まれているところに勝って行かなくては、甲子園へは行けないんだ」そんな意識を強く持つことで、選手たちのハングリー精神を刺激している。

 「すべてに恵まれているというのではなく、何かが足りない方が、むしろ向上心を刺激していくという意味ではちょうどいいんですよ」と、シダックス時代に自身も体感したことをベースとした考え方でもある。今、与えられている環境で精いっぱい努力していこうという姿勢を浸透させている。

【次のページ】 夏の反省を生かし初の近畿大会へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大高輪台vs都立永山【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
東海大菅生vs暁星国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第590回 緻密な「ノーサイン野球」で古豪復活の狼煙をあげる 小倉工(福岡)【野球部訪問】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
第842回 2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】【大会展望・総括コラム】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第816回 打たせて取るスタイルに磨きをかける!中村晃太朗(東海大菅生)が目指す投手像 【2018年インタビュー】
第815回 日本一のキャッチャーに!小山翔暉(東海大菅生)が秋季大会で得たもの 【2018年インタビュー】
国士舘vs東海大菅生【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs岩倉【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
国士舘 【高校別データ】
昭和一学園 【高校別データ】
東海大三 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大五 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東海大一 【高校別データ】
東海大二 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム