第520回 打ち克つことができるスケールの大きいチームへ!都立小平西2018年12月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]限られた環境下での練習
[2]スケールの大きいチームを目指して
[3]シードを掴むためにチームに緊張感を与える

 

 上昇を予感させる勝利だった。
 東京都一次予選が開幕した9月8日、いきなり波乱が起きた。第1ブロックの1回戦で都立小平西がなんと今夏西東京大会準優勝の日大鶴ヶ丘を破ったのである。

 いかにして都立小平西日大鶴ヶ丘を破るほどのチームになったのか。彼らの練習の様子を見るために都立小平西へ取材に向かった。

限られた環境下での練習



都立小平西野球部・石田幹雄監督

 日大鶴ヶ丘を撃破を語るうえで、まずキーパーソンとなるのが石田幹雄監督である。
 2016年春に赴任してから、今年で3年目。その前は都立小平高校を率いて、西東京ベスト4に導くなど上位進出チームに育て上げた。また、強豪校に対しては戦略を尽くして戦う監督として有名で、2015年の秋季都大会では清宮 幸太郎擁する早稲田実業相手に延長戦の好勝負を演じた。

 そんな石田監督にとって、都立小平西に赴任した当時は驚きの連続だった。
 「ここに来たときはバッティングも試合もできないような環境で、どうやってやろうかなと考えました。」

 去年の3月にやっとバッティングができるようなネットが設置され、現在はバッティング練習をすることはできる。だが当初は今ほどの設備が整っておらず満足にバッティング練習ができなかった。

 それだけでなく、校庭を他の部活と併用するため、練習メニューが制限されている

 「今日のように校庭が4分の1の場合は内野だけになります。ただ、校庭が半分使える時は外野の守備や内野をあえて深い位置に守らせたノックをしますね。」

 取材当日も、練習場所の校庭を見渡せば、サッカー・ラグビー・ソフトボール部が校庭を使う状況。そのため各部活で使える広さも限られ、結果として練習内容にも影響を及ぼす。使える環境によってやるメニューも変えることを余儀なくされる都立小平西の練習。

 しかし石田監督は、「スケールの大きいチームを作りたい」という信念がある。それは石田監督が野球に対してある考えを持っているからである。

【次のページ】 スケールの大きいチームを目指して

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第849回 潜在能力を発揮させるため 自信と落ち着きある投手に! 野﨑師(都立小平西) 【2018年インタビュー】
第74回 マネージャーになって8ヶ月!先輩のような頼れる存在を目指す! 都立小平西マネージャー【頑張る!マネージャー】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第810回 日大三の初戦敗退から始まり国士舘の優勝で幕を閉じた秋季東京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第803回 切磋琢磨した3年間を糧に飛躍を誓う!草薙柊太(国士舘高)【後編】 【2018年インタビュー】
東亜学園vs國學院久我山【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
山梨学院vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
山梨学院vs前橋育英【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
國學院久我山vs世田谷学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
山梨学院vs中央学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
國學院久我山 【高校別データ】
都立小平 【高校別データ】
都立小平西 【高校別データ】
都立小平南 【高校別データ】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム