第518回 主体性を持て!揺るがない根拠と自信を築き上げる日大桜丘!2018年11月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]強くなるために捨てたトップダウン方式
[2]選手主体の練習と委員会制度
[3]どんな練習にも価値を見出し、崩れることのない確かな根拠を築き上げる

 85メートル×55メートルの人工芝の校庭、そしてテニスコート3面の練習場所。これが、日大桜丘野球部が平日の練習で使っているグラウンドである。

 今夏はベスト32まで勝ち進んだものの、今秋はブロック予選の決勝で安田学園に6対10で敗れた。現在は来春のブロック予選に向けて練習に励む彼らの練習の様子を取材した。

強くなるために捨てたトップダウン方式



日大桜丘野球部・佐伯雄一監督

 日大桜丘の練習を見ていると、指導者から選手たちへあまり指示を出さない。選手に声をかけるときは、練習メニューの伝達や練習方法が間違っていた時だった。

 だから選手が中心となって終始練習を進めていく、時には練習を止めて話し合いをするために集まっている様子が見受けられた。

 指導者は見守るだけ。一見すると練習が疎かになりがちと思われるが、日大桜丘の選手は選手同士で声を掛け合っていた。それも厳しい指摘が飛び交う。グラウンドには緊迫した空気が流れていた。
 忘れてはならないのが、監督の指示によってできた空気ではなく、選手が主体的に動いたことでできた空気であるということだ。この選手が主体的に動く日大桜丘オリジナルのスタイルとも言える練習方法は、監督の佐伯雄一氏が目指していた形である。

 佐伯監督は高校時代、日大桜丘で日々練習に励んでいた。高校卒業後は母校のコーチを務めながら大学生活を送り、就職の際に当時の監督から「監督をやってみないか」と誘われ、非常勤講師として日大桜丘に就職。1年目から監督に就任して、現在は教師として監督を務めるという経歴の持ち主だ。

 大学卒業後から高校野球の監督となった佐伯氏は、まさにゼロからのスタート。最初は自分独自の方法で選手たちへ指導にあたった。だが、佐伯監督にはある疑問があった。
 「強豪校はなぜ強豪校となっているのか」
 この純粋な疑問を解決すべく、佐伯監督は土日祝日には明治神宮大会に出場した桐蔭学園などの強豪校に練習試合を申し込み、自らの目でその理由を確かめに行く。そうして選手への指導方法の引き出しを増やしていった。



練習中の様子

 そうやって多くの強豪との練習試合をこなしていき、ノウハウを吸収した佐伯監督。そのおかげもあってか、当時は東東京にいた日大桜丘は夏の大会で2年に1度4回戦、つまりベスト32まで勝ち進むことはできたと語る。
 しかしどうしてもそれ以上の結果、つまりはベスト16に勝ち進むことができない。一体どうしてなのか、佐伯監督が考えた先に出た答えが、トップダウン方式になっているチームの現状だった。

 トップダウンとは上から下に指示を出すこと。つまりは監督からの指示を聞いてから選手が動く。これ自体はよくあるチームの形だと思われるが、ここに問題があると判断した。
 そう判断したのは、「ボールを振る、振らない。ポジショニングをどうする、などは選手が試合の中で判断をするもの。ですがそういった判断を練習でしていない。監督主体でやりすぎている」からだ。

【次のページ】 選手主体の練習と委員会制度

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
向上vs湘南学院【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
啓新vs桐蔭学園【第91回選抜高等学校野球大会】
第861回 注目校・明石商や桐蔭学園が登場!大会5日目の見所【大会展望・総括コラム】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第868回 九州王者の背番号1・西雄大(筑陽学園)を成長させた九州大会の激闘 【2019年インタビュー】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
桐蔭学園vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
向上 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
日大桜丘 【高校別データ】
安田学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム