第518回 主体性を持て!揺るがない根拠と自信を築き上げる日大桜丘!2018年11月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]強くなるために捨てたトップダウン方式
[2]選手主体の練習と委員会制度
[3]どんな練習にも価値を見出し、崩れることのない確かな根拠を築き上げる

 85メートル×55メートルの人工芝の校庭、そしてテニスコート3面の練習場所。これが、日大桜丘野球部が平日の練習で使っているグラウンドである。

 今夏はベスト32まで勝ち進んだものの、今秋はブロック予選の決勝で安田学園に6対10で敗れた。現在は来春のブロック予選に向けて練習に励む彼らの練習の様子を取材した。

強くなるために捨てたトップダウン方式



日大桜丘野球部・佐伯雄一監督

 日大桜丘の練習を見ていると、指導者から選手たちへあまり指示を出さない。選手に声をかけるときは、練習メニューの伝達や練習方法が間違っていた時だった。

 だから選手が中心となって終始練習を進めていく、時には練習を止めて話し合いをするために集まっている様子が見受けられた。

 指導者は見守るだけ。一見すると練習が疎かになりがちと思われるが、日大桜丘の選手は選手同士で声を掛け合っていた。それも厳しい指摘が飛び交う。グラウンドには緊迫した空気が流れていた。
 忘れてはならないのが、監督の指示によってできた空気ではなく、選手が主体的に動いたことでできた空気であるということだ。この選手が主体的に動く日大桜丘オリジナルのスタイルとも言える練習方法は、監督の佐伯雄一氏が目指していた形である。

 佐伯監督は高校時代、日大桜丘で日々練習に励んでいた。高校卒業後は母校のコーチを務めながら大学生活を送り、就職の際に当時の監督から「監督をやってみないか」と誘われ、非常勤講師として日大桜丘に就職。1年目から監督に就任して、現在は教師として監督を務めるという経歴の持ち主だ。

 大学卒業後から高校野球の監督となった佐伯氏は、まさにゼロからのスタート。最初は自分独自の方法で選手たちへ指導にあたった。だが、佐伯監督にはある疑問があった。
 「強豪校はなぜ強豪校となっているのか」
 この純粋な疑問を解決すべく、佐伯監督は土日祝日には明治神宮大会に出場した桐蔭学園などの強豪校に練習試合を申し込み、自らの目でその理由を確かめに行く。そうして選手への指導方法の引き出しを増やしていった。



練習中の様子

 そうやって多くの強豪との練習試合をこなしていき、ノウハウを吸収した佐伯監督。そのおかげもあってか、当時は東東京にいた日大桜丘は夏の大会で2年に1度4回戦、つまりベスト32まで勝ち進むことはできたと語る。
 しかしどうしてもそれ以上の結果、つまりはベスト16に勝ち進むことができない。一体どうしてなのか、佐伯監督が考えた先に出た答えが、トップダウン方式になっているチームの現状だった。

 トップダウンとは上から下に指示を出すこと。つまりは監督からの指示を聞いてから選手が動く。これ自体はよくあるチームの形だと思われるが、ここに問題があると判断した。
 そう判断したのは、「ボールを振る、振らない。ポジショニングをどうする、などは選手が試合の中で判断をするもの。ですがそういった判断を練習でしていない。監督主体でやりすぎている」からだ。

【次のページ】 選手主体の練習と委員会制度

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第849回 潜在能力を発揮させるため 自信と落ち着きある投手に! 野﨑師(都立小平西) 【2018年インタビュー】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第72回 選手の同志!適応力を課題に選手を支える日大桜丘マネージャー【頑張る!マネージャー】
第818回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第817回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
第829回 神宮で大きな宿題をもらった森敬斗(桐蔭学園)課題を乗り越え、甲子園でもスーパー森を 【2018年インタビュー】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第812回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第3回 桐蔭学園高等学校(神奈川・関東地区代表)「神奈川2位から関東大会制覇!強い桐蔭学園を全国に見せつられるか?」【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
桐蔭学園vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
習志野vs桐蔭学園【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
桐蔭学園vs佐野日大【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
桐蔭学園vs常総学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第709回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第705回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
向上 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
日大桜丘 【高校別データ】
安田学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム