第516回 伝統を受け継ぎ、アップデートを続ける国分中央(後編)2018年10月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]すべての土台となる掟
[2]強豪私立に勝つために必要な徹底力
[3]上積みしていく国分中央野球

 前編では国分中央のモットー「全力疾走・最大発声・真剣勝負」の3つから、夏に強さを発揮する理由を考えた。後編では、国分中央の柱ともいえる3つの資料。そして、鹿児島を代表する3校と渡り合うための取り組みについて、お話を伺った。

すべての土台となる掟



監督の話に耳を傾ける国分中央野球部

 国分中央の前監督、下村幸太郎氏(現・鹿児島玉龍顧問)の指導方針を大事にしている床次隆志監督。そのため、前監督の言葉をまとめた「国分中央の掟」を作った。

 「2年間下村先生と一緒にやってきた中で大事だと思ったことは、メモをしました。」
 中身を見ると、文章ではなく、単語やキーワードが多く記されている。その中の一つに、「いいボール・セーフ」とある。

 この言葉について聞くと、
 「セーフでもいいからいいボールを投げるようにさせます。慌てて暴投をしてミスを広げるより、良いボールを投げることでプレーを完結させるという意味が込められています。」

 実際にこの日のノックでも選手たちは、「いいボール・セーフ」を投げる瞬間に口にしていた。選手たちにも国分中央の掟は浸透している。

 他にも「トン・パ」というゴロの処理の方法もキーワードとして記されている。選手たちは国分中央の掟を守って、今もプレーをしている。それを守るのは、過去の実績があるからだ。

 今のチームの主将・桑原航汰は、「伝統やルールを守れば勝てることを先輩方が証明している」と話す。

 一学年上の先輩たちは、春の県大会でベスト4に入った。好投手・松本 晴を擁する樟南を相手に8対10で敗れたものの、接戦を演じた。こうした実績が国分中央の野球は間違っていないという証明になっているのだ。

【次のページ】 強豪私立に勝つために必要な徹底力

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第799回 神村学園、攻守に安定感 「守り勝つ」野球を再認識  2018秋鹿児島大会総括【大会展望・総括コラム】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs鹿児島城西【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs川内【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs鹿児島実【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs鹿児島中央【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第515回 部員3人から県大会ベスト4!チームを支える3つのモットー!国分中央(前編)【野球部訪問】
第514回 野球を通じて人間を磨く 鹿児島県立枕崎高校(鹿児島)【後編】【野球部訪問】
第730回 スピードよりも、制球とキレ 「甲子園に行くことしか考えていない」松本晴(樟南) 【2018年インタビュー】
第699回 鹿児島ナンバーワン左腕・松本晴(樟南)が抱くエース像 【2018年インタビュー】
第389回 阪神タイガース 大和選手「自慢の守備は地道な壁当てから始まった」 【2016年インタビュー】
第381回 鹿児島実業高等学校 綿屋 樹選手「目指すは打率8割以上!」 【2016年インタビュー】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
国分中央 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
隼人工・国分中央 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム