第516回 伝統を受け継ぎ、アップデートを続ける国分中央(後編)2018年10月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]すべての土台となる掟
[2]強豪私立に勝つために必要な徹底力
[3]上積みしていく国分中央野球

 前編では国分中央のモットー「全力疾走・最大発声・真剣勝負」の3つから、夏に強さを発揮する理由を考えた。後編では、国分中央の柱ともいえる3つの資料。そして、鹿児島を代表する3校と渡り合うための取り組みについて、お話を伺った。

すべての土台となる掟



監督の話に耳を傾ける国分中央野球部

 国分中央の前監督、下村幸太郎氏(現・鹿児島玉龍顧問)の指導方針を大事にしている床次隆志監督。そのため、前監督の言葉をまとめた「国分中央の掟」を作った。

 「2年間下村先生と一緒にやってきた中で大事だと思ったことは、メモをしました。」
 中身を見ると、文章ではなく、単語やキーワードが多く記されている。その中の一つに、「いいボール・セーフ」とある。

 この言葉について聞くと、
 「セーフでもいいからいいボールを投げるようにさせます。慌てて暴投をしてミスを広げるより、良いボールを投げることでプレーを完結させるという意味が込められています。」

 実際にこの日のノックでも選手たちは、「いいボール・セーフ」を投げる瞬間に口にしていた。選手たちにも国分中央の掟は浸透している。

 他にも「トン・パ」というゴロの処理の方法もキーワードとして記されている。選手たちは国分中央の掟を守って、今もプレーをしている。それを守るのは、過去の実績があるからだ。

 今のチームの主将・桑原航汰は、「伝統やルールを守れば勝てることを先輩方が証明している」と話す。

 一学年上の先輩たちは、春の県大会でベスト4に入った。好投手・松本 晴を擁する樟南を相手に8対10で敗れたものの、接戦を演じた。こうした実績が国分中央の野球は間違っていないという証明になっているのだ。

【次のページ】 強豪私立に勝つために必要な徹底力

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神村学園vs鹿児島実【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs樟南【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs加治木【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs尚志館【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第68回 そのマネジメントはまるで社長。就任1年目で甲子園出場を経験した鬼塚佳幸監督(沖学園)の指導法とは【名将たちの言葉】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
神村学園伊賀 【高校別データ】
国分中央 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
隼人工・国分中央 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム