第514回 野球を通じて人間を磨く 鹿児島県立枕崎高校(鹿児島)【後編】2018年09月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「日本一の補欠」を目指す
[2]「重心」を同化させる
[3]南薩大会を忘れない!

 前編では枕崎監督・小薗健一監督が現在に至るまでの経緯。そして選手を人として育る上で大切にしていることに迫りました。後編ではテクニカル面でどのような指導をしているのか迫ります。

「日本一の補欠」を目指す



小湊晴矢

 主将の小湊晴矢(2年)は枕崎市内の立神中出身。兄は鹿児島実で野球をしたが「地元の学校で甲子園を目指す」ことに自分の高校生活をかける気持ちで枕崎を選んだ。

 同級生からは「就職や進学は大丈夫か?」と心配されたが、小薗監督率いる野球部なら自分の夢が実現できるのではないかと思った。

 左腕のエース上野 倖汰(2年)も「小薗監督の存在」が決め手になったという。枕崎中1、2年の頃は何となくやっていた野球だったが、3年夏の最後の県大会で準優勝し、「上のレベルで野球をやってみたい」気持ちになった。

 強豪私学などからも誘いはあったが、小湊と同じく地元から甲子園を目指す道を選んだ。2人とも自宅から通えるが、1年の頃から試合に出ていたこともあり、2人で話し合って1年秋から寮に入った。


上野倖汰

 寮生活で厳しく躾けられるのは「時間を守ること」(小湊主将)。6時起床、朝練習をして朝補習があるときは7時35分、ないときは8時15分の登校時間に間に合うように、寮生は全員そろって行動する。

 授業中に寝ないことも意識し、体育祭、文化祭などの学校行事はクラスのリーダーとして率先して取り組むことを心掛けているという。

 野球で心掛けているのは「日本一の補欠になる」ことだと小湊主将は言い切る。「補欠」とは練習でも試合でも、常に「チームのために」動ける人間だ。チームのために身体を張ってゴロをさばく。チームのために送りバント決めて塁を進める。

 練習前の道具出し、練習後のグラウンド整備、上級生下級生関係なく全員で取り組む。そんな集団になることを日々目指している。「1年生で入った頃は何も分からなかった子たちも、2年、3年と進んでいくごとにそういうことが分かってくるようになるんですよ」と小薗監督は頼もし気に語った。

 「そうやって人間的にも磨かれた集団が出来上がって、厳しい勝負になった時グッとまとまって勝つ力になる」と信じている。

【次のページ】 「重心」を同化させる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神村学園vs鹿児島実【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs樟南【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs鹿児島情報【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs加治木【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs尚志館【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第68回 そのマネジメントはまるで社長。就任1年目で甲子園出場を経験した鬼塚佳幸監督(沖学園)の指導法とは【名将たちの言葉】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
鹿児島実 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
神村学園伊賀 【高校別データ】
枕崎 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム