第509回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ2018年07月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]練習から大阪桐蔭を意識
[2]取られたら取り返す。選抜では智辯和歌山らしい野球を発揮
[3]大阪桐蔭と5回戦ったからこそ語れる大阪桐蔭の強さ。そして克服するべき課題

 今春選抜準優勝の智辯和歌山智辯和歌山の強さを発揮するのは夏である。甲子園出場22回で歴代9位の36勝、優勝2回、準優勝1回、ベスト4は2回、ベスト8は1回と名門中の名門である。

 今年のチームは打倒・大阪桐蔭を合言葉にして1年間を送ってきた。いよいよ7月14日、大会初戦を迎える。6度目の対戦実現を誓う智辯和歌山はどんな思いでこの1年を送ってきたのか。5度対決したからこそわかる大阪桐蔭の強さ。そこから学び夏に向かう智辯和歌山ナインを追った。

練習から大阪桐蔭を意識



雨の中、ノックを受ける選手たち

 打倒・大阪桐蔭
 この言葉は全国の学校が意識していることだろう。その中で最も「打倒・大阪桐蔭」を意識しているのは智辯和歌山だ。今年の3年生は入学から5回も直接対決をしている。しかし残念ながら全敗で終わっている。

2017年 春季近畿大会 3対6
2017年 第99回大会  1対2
2017年 秋季近畿大会決勝 0対1
2018年 選抜大会決勝  2対5
2018年 近畿大会決勝 1対3

 5度の屈辱。だから練習中、口々に聞かれるのは、大阪桐蔭を意識した言葉だ。

 例えば雨の日。智辯和歌山は、多少の雨でも、雨の中の甲子園でプレーすることを想定して、ノックをする。ノッカーを務めるのは高嶋仁監督。高嶋監督は自分自身でも「70過ぎた年寄りの打球ですから」というように、決して球足が鋭い打球を打つわけではない。だが、捕れるか捕れないかのところへ打つ。捕れないと、
「年寄りの打球が捕れないのか?それで大阪桐蔭に勝てるのか?」
と高嶋監督の檄が飛ぶ。そして選手から「勝てます!ノックお願いします!」と高嶋監督に要求する。ひたすら1時間ほどノックを打ち続ける高嶋監督。

 そして晴れた練習日。ノッカーを務めるのが智辯和歌山OBで、阪神、楽天、巨人の3球団でプレーした中谷仁コーチだ。中谷コーチはノックを終えると、課題になった連携プレーについて指摘が飛ぶ。その内容は理路整然。カットマンの位置、外野手の肩を読んだものなど、基本を説いた。そしてその指摘の最後に中谷コーチは
 「そのプレーで大阪桐蔭の藤原(恭大)を刺せるか?刺せないだろ!」
 中谷コーチも大阪桐蔭を意識した指摘で選手たちに自分たちの未熟さを実感させる。練習中から強烈な対抗意識をもって日々の練習に取り組んでいるのだ。

【次のページ】 取られたら取り返す。選抜では智辯和歌山らしい野球を発揮

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集】
第779回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第778回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第21回 俳優・吉村卓也がドラフト会議2018で目玉になった選手を紹介!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第775回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
東妻 純平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
冨田 泰生(智辯和歌山) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
林 晃汰(智辯和歌山) 【選手名鑑】
文元 洸成(智辯和歌山) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム