第499回 近大附「大阪野球の怖さを熟知し、夏へ向かう」【後編】2018年06月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]同じ近大附グラウンドでも練習試合と公式戦では全く違う
[2]主力選手の課題と激しいレギュラー争い
[3]大阪2校出場だからこそ勝ち抜くのは例年以上に困難

 南大阪の代表候補として注目される近大附。昨秋は自覚が芽生えた主力選手たちの活躍により、近畿大会に出場。1勝を上げ、高いモチベーションをもって冬の練習に励んできた。しかし春の大阪大会では初戦敗退と悔しい結果に終わった。夏へ向けて選手たちはどういう思いをもって取り組んでいるのだろうか。

同じ近大附グラウンドでも練習試合と公式戦では全く違う



キャッチボールの様子

 箕面学園戦で先発完投した花田は中学時代、投手としてプレー。高校2年生の春まで投手をやっていたが、センターにコンバート。3年春の直前に投手へ復帰し、同じチームメイトとの競争を勝ち抜き、公式戦で先発を任されるまでに成長した。

 「今回の投手起用の方針は、みんなに伝えて納得してもらいました。ではそれを誰が勝ち取るんやということでピッチャー陣の競争を見守ってたというか、みんな成長してたんですけど、その中で一番頭角を現したのが花田なんですね。

 彼のええところは、サウスポーで球威もありますし、それなりな変化球も放れますから三振も取れるんですけど、“おっしゃ、俺一番獲るで!”という、ええ意味での色気のあるヤツです。他のヤツらは『何だかんだ言うても大石が一番やん』と。俺は二番手、大石に継ぐピッチャーを目指して頑張ろうというレベルなんですよね。花田は、『隙あらば俺一番獲ったろ』という気概が見えて、3月の練習試合でメキメキと出てきたんで、そういう気持ちで放ってくれると野手も変わってきますよね。だから春は花田でいこうという形になってきたんです」

 藤本監督に評価されてマウンドに登った花田だったが、厳しい結果に終わった。花田は「公式戦を行ったのは、近大附のグラウンドでした。いつも練習や練習試合で投げているマウンドなのに、感覚が全く違う。自分の制球力のなさが課題となりました」

 自分の課題を語った花田に対し、藤本監督も「悔しい負けを実感しないとわからないこともあると思います。花田にとっては悔しい負けですけど良かったと思います」と敗戦を前向きにとらえていた。

【次のページ】 主力選手の課題と激しいレギュラー争い

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
第19回 俳優・吉村卓也が夏の甲子園を総括!そしてU18侍ジャパンの見どころは?!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第12回 2018夏・四国地区「ピックアップゲーム」3選【四国発】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs金足農【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs高岡商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
大教大池田 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
近大附 【高校別データ】
寝屋川 【高校別データ】
箕面学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム