第481回 東福岡(福岡)真に自立し、11年ぶり甲子園へ!2018年04月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]青年監督と選手たちのハーモニーで「強打の東福岡」へ
[2]運動部から大いなる刺激を受けた冬
[3]「真の自立」の先にある「夏・11年ぶり甲子園」


 大阪桐蔭(大阪)が連覇を遂げたセンバツも終わり、いよいよ高校野球は第100回記念大会の夏へ。史上最多の56校が参加する今大会では福岡県ではじめて「北福岡」「南福岡」での2校出場が実現する。その南福岡で11年ぶり5度目の夏甲子園を狙うのは日本トップクラスのサッカー部・ラグビー部含めスポーツ界で燦然たる地位を残す東福岡だ。
 過去にはNPB通算1865安打の村田 修一(ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブス)や、名手・田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)をはじめ、多くのプロ野球選手を輩出している名門野球部のベースにあるモットーは「自主・自立」。今回は下野 輝章監督と選手たちに、これまでの道のりや夏へ向けての意気込みを聴く中で、「真の自立」について考えていきたい。

青年監督と選手たちのハーモニーで「強打の東福岡」へ 



エース 金光 雄紀選手

 「最初は金光 雄紀(3年)と村上 喬一朗(3年)のバッテリーが中心。夏の経験者も少なく、不安は大きかったです」
こう語るのは現役時代は東福岡の絶対エース、打撃でも1年後輩の吉村 裕基(福岡ソフトバンクホークス)と共に主軸として鳴らした34歳・下野 輝章監督。2001年センバツでは当時史上初・今も2013年・浦和学院(埼玉)髙田 涼太(立教大~JFE西日本)と共に名を刻む3試合連続本塁打を放ちベスト8入りに大きく貢献。その後、日体大、日本生命で投手を続けた後、2011年4月から母校の副部長兼コーチに就任。昨年6月には37年間に渡り指揮を執り、春2回・夏4回の甲子園出場を果たした葛谷 修監督から引継ぎ、指揮を執ることになった青年指揮官だ。

 すでに昨夏の福岡大会で3試合の指揮経験(4回戦で久留米商に敗退)はあったとはいえ、下野監督にとっても新チームの立ち上げは初。様々な部分で不安を抱えていたチームは、8月に行われた新人戦(第4回福岡地区高等学校新人野球大会)で、大きな成長を遂げる。

 3回戦で昨夏の準優勝・福岡大大濠を8対0で破ると、勢いに乗りベスト4進出。「夏を経験した選手が少ない割に良いスタートが切れた」(下野監督)中で、中学時代は松山リトルシニア(愛媛)で活躍し、東福岡でも主将で5番を打つまでに成長した大西 龍聖(3年)、俊足強打の2番・村上、練習試合から勝負強い打撃を見せていた4番・福田悠人(2年)らが台頭し「1番から8番まで長打を打てる確率が高い選手がそろっています」と大西も自負する強力打線が完成した。

 では、彼らはなぜ急成長を遂げたのか?下野監督はこう語る。
 「打つことが好きな選手が多く、勝負強い選手が多い。さらに自分たちで考えて練習ができるのが新チームの特徴。かつ打力があると、攻撃のバリエーションが増える。そこで特に制約を持たせることなく、彼らの感性を生かすチーム方針にしました」

 選手たちもこの方針に工夫で呼応する。ここは主将の大西に聴こう。
 「今のチームはストレートに強い選手が多い。でも、それができるのはチーム全員で、タイミングを取る練習を図ったり、個人で狙い球を絞る姿勢を大事にしてきたからだと思います」

 結果、秋の福岡県大会東福岡打線は素晴らしいハーモニーを奏でる。3試合連続で2桁得点を記録すると、5回戦では福岡第一に5対1。準々決勝では九州国際大付にも8対4。140キロを超えるエース・秋元 悠希(3年)にも屈することはなかった。

 秋の九州大会出場をかけた準決勝では1年生大会でも対戦経験がある筑陽学園と対戦し、ドラフト候補に挙がる左腕・大畑 功士郎(3年)も攻略。課題の守備が乱れ試合は9対10で敗れたが、「強打の東福岡」は県内に強く印象付けた大会となった。

【次のページ】 運動部から大いなる刺激を受けた冬

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第492回 東福岡レギュラー座談会「サッカー・ラグビーに負けず、記念すべき年に野球部も存在感を示したい!」【野球部訪問】
第694回 金光 雄紀(東福岡)「一流」から学び「一流投手」への道進む 【2018年インタビュー】
第50回 花巻東と盛岡大附が引っ張り、一関学院、専大北上らが追いかける【岩手・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
福岡大大濠vs明豊【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
報徳学園vs福岡大大濠【第89回選抜高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs東海大福岡【第89回選抜高等学校野球大会】
福岡大大濠vs滋賀学園【第89回選抜高等学校野球大会】
東海大福岡vs早稲田実業【第89回選抜高等学校野球大会】
第154回 読売巨人軍 村田修一選手 「結果を残すために良いルーティンを見つけることが大事」 【2013年インタビュー】
第69回 横浜ベイスターズ 吉村裕基選手 【2011年インタビュー】
葛巻・福岡工 【高校別データ】
光陵 【高校別データ】
新宮 【高校別データ】
自由ケ丘 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
田川 【高校別データ】
常磐 【高校別データ】
柏陵 【高校別データ】
東福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡工 【高校別データ】
福岡工大城東 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡第一 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
八幡 【高校別データ】
八幡工 【高校別データ】
若松 【高校別データ】
若松商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム