目次

[1]精神力を鍛える冬大井イズムの継承、日本文理新チーム始動
[2]新チームが残した結果


 日本文理・大井道夫監督が勇退。この話題で持ちきりだった2017年の新潟高校野球界。一つの歴史の幕切れは、同時に新たな歴史の始まりも意味する。8月下旬、日本文理は鈴木崇新監督のもと、新チームが本格始動。初の公式戦だった昨秋の新潟県大会を優勝、北信越大会ベスト8という実績を残し、グラウンドが思うように使えない期間に入った。

1月中旬、そんな日本文理野球部を取材。就任以降、鈴木監督が大切にしていること、県大会、北信越大会での勝利、敗戦から得たこと、そして今“新潟の長い冬”をどう過ごしているのか?鈴木監督の口から語られた“日本文理野球”とは?

 8月下旬、甲子園での戦いが終わり、つかの間の休息を終えた選手、コーチたちが日本文理のグラウンドに集結した。鈴木崇新監督のもと、新チームが本格始動。メディアはこぞってこう書きたてた。

大井イズムの継承、日本文理新チーム始動 



日本文理高校野球部

 2009年、夏の甲子園で準優勝。惜しくも逆転こそならなかったが、決勝での九回二死からの猛攻は今も語り継がれるほど強烈なインパクトを残した。さらに2013年秋には明治神宮大会で準優勝、翌年夏にはエース・飯塚 悟史(現・横浜DeNAベイスターズ)を擁し、ベスト4に進出。新潟県=高校野球弱小県のイメージを完全に払拭した立役者である名将・大井道夫(現・総監督)の“イズム”。この“イズム”とはなんだろう?という疑問を鈴木崇監督にぶつけるところから、今回のインタビューは始まった。

 「【大井イズム】というのは、人によって考え方がいろいろあると思います。一般的に言えば、(日本文理らしい)打ち勝つ野球のことと考える人もいるだろうし、あるい伊藤(直輝)や飯塚(悟史)のときのように一人のエースがいて勝つことだと言う人もいるでしょう。みんながどうとらえるかなんだけど、ようはうちが今までやってきたこと。ただ私は、『大井野球(イズム)=全国でどう通用するか野球』だと思っています。結局うちが全国で戦うにはどういうメンバーを育成していくか、それを練習時から見てどう使っていくか。そこなんじゃないかな」

 選手として日本文理が初めて甲子園に出場した時にセカンドを務め、その後はコーチとして10年以上“大井野球”を見続けてきた鈴木監督は、これまで主にBチームを指導。甲子園で躍動する日本文理のAチームがどのような野球をやるのかを、入学してきた1年生、メンバー漏れした2、3年生に徹底的に叩き込んできた。

 例えば、1年生が入学してきたばかりの5月、Aチームに入らなかったBチームの選手は積極的に県内外の高校へ練習試合に向かう。有望株として下級生のときから目をかけられる者、鳴り物入りで入学するも伸び悩んだ者、最後の大会のベンチ入りをかけ必死にアピールする3年生。それぞれ立場の異なる選手たちが一丸となって試合に臨む。鈴木コーチ(当時)は、そんな試合を鋭い眼光で見つめ、そして“ぼやく”。打席に立つ前に、あるいはマウンドに上がる前に「こうしろ」というアドバイスはない。選手自身が自ら、ランナーの状況、カウント、相手の守備陣形、相手投手の球種、打者の力量……さまざまなことを相対的に考えながら、試合に臨まなければならない。そのひとつひとつに対する“ぼやき”に、ベンチにいる選手は耳をすませ、グラウンドに出ている選手はイニング間にアドバイスを乞う。こうして自然と野球に対し、能動的に考え、実践するクセをつけていく。
それは、大井前監督が目指し実践してきた、ノーサインでグラウンドに出ている選手が自ら考え、実践する高度な野球のいわば土台作り。中学時代から評価の高い選手だけでなく、ベンチ外だった選手がベンチ入りしたり、レギュラーを取ったりするのも、選手の努力と共にその手腕による部分が大きい。その指導力は、大井前監督も「(鈴木)崇(監督)は本当に野球が好き。だからよく勉強している」(2015年インタビュー時談)と認めるほど。現チームで主将を務める坂井元気(新3年)は言う。

 「1、2年生のころから(鈴木監督とは)コーチと選手という関係でやってきたので、(監督に就任しても)選手の間で戸惑いや動揺はなかったですね。監督が変わったから何か違うことをしなければいけないということではないですし、日本文理高校の野球は変わっていないので。最終的に教えていただいたことを選手がどう表現できるか。そのためにしっかり練習しています」(坂井主将)

 「簡単に言えば継承。全く違う指導者が外から入ってきて『違う野球やるぞ』っていえばそれ違うけど教える人間が変わらない。例えばノーサインとは言わないまでも、打つことを前提に『どう塁に出るのか?』『どうチャンス作るのか?』ということを一つ一つ順序立てて考える。それは、今までBチームでやってきたことなんです。傍目から見ると、日本文理の野球ってノーサインで『はい、打てー』ってやっているように見える部分が多いと思う。でもそこにたどり着くまでにやるべきことはしっかりやっているんですよ」(鈴木監督)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。