第473回 大阪桐蔭 26年ぶりセンバツ連覇への「ラストストーン」2018年03月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]主将→経験者の「内省」が秋の原動力に
[2]新戦力の「ラストストーン」でセンバツ連覇へ


 3月22日から始まる「第90回記念選抜高等学校野球大会」。今年、選抜連覇の偉業に立ち向かうのが大阪桐蔭(大阪)である。優勝を経験した選手が多く残り、秋でも投打ともに安定した力を発揮し近畿大会優勝を決めたものの、明治神宮大会では悔しい準決勝敗退。今回は西谷 浩一監督や選手たちにセンバツまでの軌跡と得た課題を振り返りつつ、センバツ連覇へ向けての「ラストストーン」を詳しく聴いた。

主将→経験者の「内省」が秋の原動力に


ランニングで身体を温める選手たち(大阪桐蔭)

 今年の大阪桐蔭の選手はほかの高校の選手にはない経験をしている。それは全国大会の経験数だ。

第89回選抜高等学校野球大会
春季近畿地区大会
第99回全国高等学校野球選手権大会
第72回国民体育大会
秋季近畿地区大会
明治神宮大会
・日台交流戦

 ちなみに他校から数名を加え「大阪府選抜」として出場した日台交流戦も、大阪桐蔭のセンバツ優勝で出場資格を得たもの。普段、謙虚な語り口の西谷 浩一監督も「全部出させていただいたことは自信となり、良い経験となりました。今年のチームの大会の経験者が多く、だれよりもレベルが高い全国大会を多く経験している。その経験値の高さが強み」と自負する。

 このように2017年秋の大阪桐蔭はその経験値の高さを大会で存分に発揮したが、実はもう1つの要素がここには秘められていた。8月17日、夏の甲子園3回戦・仙台育英に敗れ、新チームのスタートは8月18日。西谷監督いわく「突貫工事」の形でチーム作りを進める中、その中心人物となったのは小中で主将経験があり、このチームでも満場一致で主将に就任した中川 卓也である。

 中川は「右、左も分からない状態でした」と明かした41人に対し、まずあえて自らのミスをクローズアップすることで、結束力を促した。

 「甲子園で僕がやったミス(9回裏二死から一塁ベースを踏みきれず、仙台育英に逆転サヨナラ負け)ですが、内外野の連携やベースを踏むなどの確認は「100%」やること。
 99%の確認をしても、1%チェック怠れば、それが命取りになる経験を僕はしました。だから選手たちには100%の徹底をさせたんです」

 主将の「内省」はチームの主力たちにも伝播する。秋の大阪府大会では全7試合で、すべて7得点以上で優勝。10月1日から10月14日まで「愛顔つなぐえひめ国体」含め計8試合というハードスケジュール。西谷監督は「旧チームと新チームが分かれて行動することになり、技術面を統一することに不利な一面がありました」と語りながらも勝ち進めたのは、根尾 昂藤原 恭大を中心とした経験者の「内省」が大きな基盤となった。

 根尾は夏の大会のパフォーマンスについてこう振り返る。「完成されたチームが多くなる中、まだまだ自分の脆さと弱さを実感した」
 よって「自分の形」で打つことにこだわった結果、投手として平均球速140キロ台をたたき出すまでに状態をあげるなど投打で活躍し近畿大会でも優勝。明治神宮大会では準決勝で創成館(長崎)に屈し新チームの公式戦連勝は12で止まったが「自分の結果ではなく、チームの勝ちを最優先にする」中川イズムは5季連続甲子園出場の大きなファクターとなった。


【次のページ】 新戦力の「ラストストーン」でセンバツ連覇へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 今年も群雄割拠!!2020年の大阪の勢力図を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
府大工業高専 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム