第460回 日本航空石川(石川)「優勝旗を持ち帰り、石川の歴史を塗り替える」2018年02月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]自慢の強打に加え、機動力にも磨きを
[2]背番号1を巡る争いは三つ巴の争い
[3]石川に優勝旗を持ち帰り、歴史を塗り替える


 昨夏の甲子園メンバーは18人中9人が下級生。経験豊富な選手が多く残る新チームは打撃力に自信を持ち、公式戦11試合で平均8.82得点を挙げた。昨秋の石川大会では準決勝まで全て2桁得点で圧倒。決勝でも星稜を相手に序盤で8-2と大量リードする。終盤に差し掛かったところで猛攻を浴び9-10で敗れたが、北信越大会でも決勝の舞台で再び相見えると10-0で完勝。初めて北信越大会を制した。さらに各地区の優勝校が集う明治神宮大会でも2試合で28安打を放ち、強打を印象付けた。
 2~3週間の間に一気に日程が消化される夏ならば、全員が好調な状態で大会を迎えたチームが高い得点力を発揮することは珍しくない。しかし秋の大会は土日祝日に行われるため試合日程の間隔が空く。にもかかわらず、日本航空石川は新チームの初戦となった9月10日の輪島戦から11月12日の静岡戦まで、2ヶ月に渡って強力打線が火を噴き続けた。この破壊力、間違いなく本物だ。

自慢の強打に加え、機動力にも磨きを


打線の中心となる上田優弥選手(日本航空石川)

 打線の中心には1年夏からクリーンアップの一角を任された左の長距離砲、上田 優弥(2年)が座る。昨夏の甲子園では爆発とはならなかったが、頼れる4番は「甲子園の時はノーステップで打ってたんですけど足を上げてしっかりと振るようにしました。しっかりとホームランも出て長打もいっぱい出たんで足を上げた方が確実性と長打が生かされたかなと思います」とモデルチェンジに成功。昨秋の公式戦で放った3発を加えて高校通算本塁打を24本とした。2季連続出場となる甲子園では右中間へのアーチを狙う。
 しかも今年の打線の強みは上田の前後にも強打者が並ぶこと。3番を打つ原田 竜聖(2年)や5番の長谷川 拳伸(2年)は勝負強く、2番の的場 拓真(2年)6番の小板 慎之助(2年)にも十分主軸を打てるだけの長打力がある。その証拠につなぎの打者が置かれることが多い2番だが、的場はベンチプレスで100kgを持ち上げるパワーの持ち主。打順に関係なく一発の打てる打線は右の速球派から左の軟投派までどんなタイプの投手も苦にせず、競った終盤以外はほとんどバントを使わない。昨秋、神宮大会初戦の日大三とのタイブレークでも無死一、二塁から原田はバントではなくヒッティング。ライト前に運んでチャンスを拡大し、最後はパスボールで決着した。強打のチームが勝ち上がるのが近年の流れ。冬はさらに得点力を高めるため投球の軌道を見てショーバンゴーの練習を繰り返すなど機動力にも磨きをかける。

【次のページ】 背番号1を巡る争いは三つ巴の争い

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs下関国際【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
龍谷大平安vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
龍谷大平安vs八戸学院光星【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第753回 大本命・静岡が4回戦で消える大波乱が起こった静岡県の夏を振り返る【大会展望・総括コラム】
日大三vs折尾愛真【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第11回 日本大学第三高等学校(西東京)【5年ぶり17回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第700回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
上田 優弥(日本航空石川) 【選手名鑑】
大橋 修人(日本航空石川) 【選手名鑑】
小板 慎之助(日本航空石川) 【選手名鑑】
重吉 翼(日本航空石川) 【選手名鑑】
杉本 壮志(日本航空石川) 【選手名鑑】
長谷川 拳伸(日本航空石川) 【選手名鑑】
的場 拓真(日本航空石川) 【選手名鑑】
小山 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
森 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

小中 翔太
小中 翔太
  • 1988年大阪府生まれ、京都府宮津市育ち。大学野球連盟の学生委員や独立リーグのインターン、女子プロ野球の記録員を経験。主なWebの寄稿は高校野球ドットコム。また、野球専門誌「Baseball Times」にて阪神タイガースを担当し、スポーツナビやYahoo!ニュースにも寄稿する。大阪、京都を中心に関西の球場に出没中。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム