第455回 府立大冠高等学校(大阪)「激戦区・大阪で存在感を増す新鋭公立校の秘密」【後編】2017年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]誰もが実感したオフシーズンの成果
[2]年間を通し不変の「マンツーマン指導」は大冠の生命線
[3]「公立校でも強豪私学と渡り合える打線を作ることは十分可能だと思っています」

 近年、今夏の大阪大会で強豪私学を次々と撃破し、公立校としては19年ぶりのファイナル進出を果たした大冠(おおかんむり)。甲子園切符をかけた一戦では大阪桐蔭と壮絶な打撃戦を演じた末の惜敗。センバツ王者をあと一歩のところまで追いつめた戦いざまは多くの高校野球ファンに強烈なインパクトを残した。

 前編は秋から冬にかけての取り組みについて語っていただいた。後編では冬が明けた春から夏について、東山監督の指導方法そして現3年生に東山監督の指導について振り返ってもらった。

誰もが実感したオフシーズンの成果



打撃練習の様子(大冠)

 3月に入ると、12月にグラウンドから姿を消した「通常のバット」が倉庫から出てくる。「倉庫の扉を開け、900グラムクラスのバットが出てきたときは『うっひょー!』という感じになる」と笑顔で振り返る現3年生。毎年12月と3月にスイングスピードを計測する風習があるが、全選手が数値を向上させることに成功。4番を務める辻 晃志選手のスイングスピードは150キロに達していた。

 「3月を迎えた時の彼らの打球の強さの変化には驚かされました。ホームランを打ったことのない1番の飯隈(亮太)は右中間に放り込めるようになっていましたし、対外試合解禁後の初戦でいきなり5本のホームランが飛び出した。それを見た下級生たちも『これだけ振ったらホームランが打てるようになるんだ!』と思えたはず。スイング練習に対する部員のモチベーションは大いに上がったと思います」(東山監督)

選手たちもオフシーズンの振り込みの成果を実感していた。

「通常のバットに戻った時の打球の伸びがオフシーズン前と全然変わっていました。自分でもスイングスピードが速くなったなと思います」(飯隈亮太選手)
「2年の冬だけでスイングスピードが10キロ上がりました。スイングの振り出しを今までよりも遅らせることができるので、ボールを長く見れるようになり、ボール球になる変化球を投げられても見送れるようになりました」(冨山翔也選手)
「スイングスピードが上がったことでポイントを捕手寄りに下げることができるようになりましたし、少々詰まってもヒットゾーンに運ぶことができるようになった。逆方向への打球も伸びるようになりました」(猪原隆雅主将)

 週末に試合が組まれることが基本スケジュールとなる3月以降のインシーズンも「1日1000スイング」をノルマ値に設定し、日々バットを振り続けた大冠ナイン。遠征先でも「朝6時に起床後、朝ごはんまでに300スイング、夜500スイング、試合の合間に200スイング」をルーティンに定め、夏本番まで妥協することなく、ノルマ値をクリアし続けた。

【次のページ】 :年間を通し不変の「マンツーマン指導」は大冠の生命線

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪偕星学園vs大体大浪商【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪商大堺vs港【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第726回 大石 晨慈(近大附)「濃密な経験を活かし、10年ぶりの甲子園に導きたい」 【2018年インタビュー】
第711回 北大阪展望 大阪桐蔭、履正社のブロックには実力校が集結!【大会展望・総括コラム】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第5回 北大阪は激戦必至!昨春センバツの2強が激突!南は混戦模様!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第454回 府立大冠高等学校(大阪)「激戦区・大阪で存在感を増す新鋭公立校の秘密」【前編】【野球部訪問】
第122回 3年生座談会 大冠高等学校(大阪)「27年ぶりの公立校Vに挑んだ夏」【後編】【僕らの熱い夏2017】
第558回 中野 翔哉(興國)「積極性を意識して本塁打量産!大会最多本塁打記録へ」 【2017年インタビュー】
大阪 【高校別データ】
大阪偕星学園 【高校別データ】
大教大池田 【高校別データ】
大阪産大附 【高校別データ】
大阪商大堺 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
旭 【高校別データ】
生野 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
和泉 【高校別データ】
大冠 【高校別データ】
大阪府教育センター附属 【高校別データ】
春日丘 【高校別データ】
勝山 【高校別データ】
河南 【高校別データ】
高津 【高校別データ】
佐野 【高校別データ】
狭山 【高校別データ】
渋谷 【高校別データ】
住吉 【高校別データ】
成城 【高校別データ】
成美 【高校別データ】
西 【高校別データ】
長野 【高校別データ】
長野北 【高校別データ】
農芸 【高校別データ】
東 【高校別データ】
ビジネスフロンティア 【高校別データ】
府大工業高専 【高校別データ】
花園 【高校別データ】
南 【高校別データ】
岬 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
八尾 【高校別データ】
山田 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム