目次

[1]日本が世界で通用するために
[2]「数字」を意識する


 秀岳館の試合を直接見たのは2015年秋、鹿児島であった九州大会準決勝の日南学園(宮崎)戦だった。甲子園の解説でお馴染みだった鍛治舎巧監督の大きな身体が、どっかりとベンチの真ん中で采配している姿が目に留まった。たいていの監督はバットケースの横あたりで指揮するが、ど真ん中にいる監督は初めて見たような気がする。

「選手が試合中困ったとき、まずは監督の顔を見ます。一番顔が見えるのは真ん中でしょう」
理由は明快だ。社会人や枚方ボーイズで少年野球を指導していた時も同じだったという。

 その試合は2ストライク追い込まれてからのヒットが多かった。11安打中5本が追い込まれてから打ったものであり、タイムリーや追加点の口火になる長打など、大事な局面で打っている。
「追い込まれたら、打席の後ろに立ってノーステップで打つ。これがチームの決まり事なんですよ」。当時の九鬼 隆平主将(現・ソフトバンク)がその秘訣を教えてくれた。

 秀岳館の各打者は2ストライクまでは自由だが、追い込まれるとボックスの後ろに立ち、スタンスを広げてノーステップで打つ。
「追い込まれたらチーム打撃に徹する。これは4番の九鬼でも同じです」と鍛治舎監督。16年の春夏、17年の春、3季連続甲子園4強という全国屈指のハイレベルな安定感を誇る秀岳館野球の強さを象徴するプレーに思えた。

 そういったプレーがどんな発想、練習に基づいて生まれてくるのか。今回の野球部訪問はそれをテーマに掲げて八代市の秀岳館グラウンドに足を運んだ。

日本が世界で通用するために

鍛治舎巧監督(秀岳館)

「ノーステップ打法を考えついたのは日本代表を率いて海外と対戦した時ですね」。
 鍛治舎監督が解説する。1980年代後半、まだ五輪野球の代表がアマチュアで組まれていた頃、キューバやアメリカなどの豪速球をどう打ち崩すかを考えた中で生み出した打法だった。

「体格で劣る日本人選手が世界で通用するためにはどうすればいいか」を考えて、導き出した答えが広めのスタンスを取り、あらかじめトップを作ったコンパクトなスイングで右打者はセカンドの、左打者はショートの頭を狙う打法だった。

 理屈は分かりやすいが「1つの打席で2つの打ち方を使い分けるわけですから、きちんとした訓練が必要なんです」
フリー打撃の前のティーバッティングはそのための訓練の場だ。スクワットしながら30本を7セット、インハイを20本7セット、ボール球のようなアウトロー20本7セット、計490本を打ち込む。

 ただ漠然と打つのではなく「インハイは内野の頭をワンバウンドで越す、アウトローはセンター方向に糸引く打球を打つ」イメージを持つことがポイントだ。スクワットティーで強靭な下半身を作り、インハイ、アウトローの難しいコースを打ち込むことでどんな球速、球種にも対応できるバットコントロール、スイングスピードを磨く。

 このように秀岳館の練習には常に「何のためにやるか」の目的があり、本数、距離、タイム、速度などの「数字」を意識しながら進められている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。