目次

[1]これが聖光学院の「16種類ランメニュー」だ!
[2]トレーニング改革を結果にし、未開の地「甲子園ベスト4」へ

 2007年から10年連続で夏の福島大会を制し、うち4回が甲子園ベスト8。今や全国区の強豪校に成長した聖光学院。では、彼らはなぜここまで飛躍的に実力を伸ばしてきたのか?今回はその要因の1つ「トレーニング改革」にスポットを当てる。後編では実際のトレーニングを映像も交え解説しながら、選手たちにもたらす「意識改革」に迫っていく。

これが聖光学院の「16種類ランメニュー」だ!

 横山 博英部長、斎藤 智也監督との会話を終え、いざグラウンドに出ると、待っていたのは3年生の永山 莫大。彼は細谷 裕信トレーナーから伝授されたランメニューの指南役である。

「これからやるランメニューはアップ前に必ずやっていて、肩関節や腕の動きなどを見直すメニューがいろいろありますので、1つずつ紹介していきます!」

 その数はなんと16種類。ここからは映像も見ながら参考にしてほしい。


1.ダイナミクス
肩関節を軟らかくするためにやっていきます。肩を伸展させて、肩の柔軟性を出していきます。このとき、肩を外転させたり、内転させることを意識してやっています。

2.サイドステップ
ダイナミクスのサイドバージョンです。狙いは肩を回すことで肩関節の柔軟性を出していくことです。

3.モモ上げ(ハードリング)
投げる動作、打つ動作の中では足を上げて立ちの姿勢になるときがあります。このメニューは、立ちの姿勢につながっていて、モモ上げをしていきながら、野球の動作につなげることを意識してやっていきます。

4.快調走
普段の80パーセントぐらいの力でフォームを意識して走ります。ランメニューの中で、たびたび快調走を入れていきますが、自分のフォームを整えていくのが狙いです。このランメニューの中で一番大事なメニューでここでフォームをしっかりと意識して走ってください。

5.サイドハードル
横向きになってモモ上げをしていきますが、このとき、少しずつモモを上げるペースを速めていきます。この動きで意識するのは股関節を動かすこと。モモ上げをしていきながら、股関節の柔軟性を出すためにやっていきます。

6.クロスランジ・サイドランジ
体の向きを真っすぐにして、捕球動作を意識して、足を交差させていきます。このメニューは試合前のアップの中では必ず取り入れています。骨盤の向きを変えてやらないと意味がないので、ジョグストレッチを取り入れながらやっています。

7.キャリオカステップ(通称:キャリオカ)
横向きに下半身をひねりながらステップしてくものです。これは体幹のねじれを意識していくことが大事です。この動きが野球の何につながるかというと、打つ時のトップを取った時の動作につながることが多く、体のキレが良くなるので、試合前のアップにも取り入れています。

ただこのメニューは上体が突っ込まずにステップしていくのは難しく、1年生ではなかなかできない選手が多いです。月1回、2回はトレーナーさんがフォームを指導をしていただきますが、最初はフォームが全然なっていないと怒られることが多いです。ただこれをしっかりとできるようになれば、動作の切れが良くなるので、ぜひやってください!

8.カウンターキャリオカ
キャリオカステップの上位版で、非常に難しい動作になります。

9.エフアール
走る動作を矯正する目的でやっていきます。

10.片足モモ上げ
立ちを意識してやるメニュー。これは往復で行います。地面に足を捉えることを意識してやることが大事なのですが、注意してほしいのは、前かがみになったり、後ろに重心がかかりすぎてもNGです。そのため地面の真下捉えること。そうすると、周りから止まっているように見えます。

足首を90度で上げて保つことを大事にします。NGポイントはつま先から入ったり踵から入ったり足首をロックして足全体で捉える踏み込みが大事で、これが走る動作につながっていきます。

11.伸脚ステップ
走る時の重心の前に足がついたり、重心の後ろに足がついてしまうと、走りにくくなってしまうので、注意が必要です。

12.ダブルアーム
走る動作の中で、手を体の後ろで使ってしまうと、体の前で手を使わないと良いパフォーマンスになりません、それを矯正するために体の前で使うことが大事です。

13.バウンディング
走る動作の中で、手と足を上げるタイミングが合わない選手がいるので。それを合わせるためのメニューです。このメニューのポイントは足全体で地面を捉えるイメージです。このイメージは、走る時も、打撃も、守備を行う時にもつながっていて、たとえば守備をするとき、つま先から捉えてしまうと、上体が突っ込んでしまいますし、踵から入ってしまうと顎が浮いてしまうので、やはり全体で捉えることが大事で、バウンディングはその練習になります。

14.ドリルダッシュ
走り方を矯正するのが目的。まず20メートルは今までやってきたバウンディングやモモ上げなどを動きをしてから20メートルダッシュをしていきます。

15.腕振りなし走
腕を振らないで、止めて走ります。なぜこのメニューをやるかといえば、肩を大きく振って走ると、腕と足がなかなか前に出ていかないのでそれを防ぐために行います。

16.フリー
最後はフリー走。そのまま走る選手もいれば、自分の弱点の欠点を克服するためのランメニューを実施する選手もいます。

 永山選手によれば「季節によって違うランメニューもあります」とのこと。この多彩なランメニューが聖光学院の強さを支えている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。