目次

[1]全国強豪と戦い、気づいた「身体づくり」
[2]冬場で「逆転」できる聖光学院のトレーニング
[3]聖光学院トレーニングの柱「ランメニュー」

 2007年から10年連続で夏の福島大会を制し、うち4回が甲子園ベスト8。今や全国区の強豪校に成長した聖光学院。では、彼らはなぜここまで飛躍的に実力を伸ばしてきたのか?今回はその要因の1つ「トレーニング改革」にスポットを当てる。前編ではトレーニング改革に至る歴史や、指導者が語る成功例、「トレーニングからの選手起用法」などを追っていきたい。

全国強豪と戦い、気づいた「身体づくり」

横山 博英部長(聖光学院)

 学法石川日大東北といった福島県内私学勢との競争に打ち克ち、2001年夏に初の甲子園出場を果たした聖光学院。さらに20042005年には連続で夏の甲子園出場。着実にレベルアップを遂げてきた。

 が、指導者陣はその一方、自らの全国レベルとの差を感じていた。斎藤 智也監督と長年タッグを組んでいる横山 博英部長は当時の状況について振り返る。

「このときから同じことをやっているだけでは限界と感じることがありました。それは甲子園や東北大会に出場すると、技術的な差よりも体力差を感じる場面が多々あったからです。

 例えば我々の場合、ヒット3本を打ってなんとか1点に対し、甲子園に登場する強豪校は1人走者を出せば長打1本で1点、2人いれば、2点取ってしまうんです。そういうところを我々は目の当たりにして、体づくりの重要性を認識するようになりました」

 そこで、横山部長は古くから親交のある細谷 裕信トレーナーに依頼し「トレーニング改革」を断行する。
食トレやサプリメントの摂取。ウエイトトレーニングの導入。これにより聖光学院の選手とは以前とは比べものにならないほど体が大きくなった。「今では夏の甲子園開会式で、大阪桐蔭(大阪)の選手たちにも『驚いた』と言われるほどになりました」(横山部長)

 この改革がうまくいっているのは、率いる側にも要因がある。ここは斎藤監督に語って頂こう。

「ウチでは冬前とオフ明けの年2回、体力測定をやって数値化させます。その中で跳躍力、50メートル走などはなかなか伸ばすのは難しいですが、腹筋、腕立て伏せの回数など努力すれば大きく伸ばせる数値がある。私はこれを『努力型の数値』といっていて、ここが伸びた選手がいるかどうかを見ています。

 実際、努力型の数値を大きく伸ばした選手は、実際に野球のパフォーマンスが変わった選手は多い。昨夏の甲子園でレギュラーとして活躍した選手の中にも一昨年の秋はベンチ入りしていなかったり、あまり出ていない選手も結構いますからね」

 俊足巧打の外野手として活躍した中屋 大輔(玉川大)や、一塁手としてスタメン出場した磯辺 伶也(東日本国際大)、外野手の佐藤 駿矢(新潟医療福祉大)がその代表例。特に磯辺は秋はベンチ外。そこから「打球の質が変わったし、スイングスピードも驚くほど速くなりました」と斎藤監督をも驚かせる急成長で、昨夏福島大会準決勝・日大東北戦では、試合を決める3ランを放った。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。