目次

[1]九州大会出場の原動力となったエース・山内 慧は中学まではキャッチャー
[2]中央大会で優勝!それでも監督の中で自信は無かった

 2016年の沖縄県高校野球で新人中央大会秋季大会の2冠を達成。第139回九州地区高校野球大会では、ベスト4入りすることとなる熊本工業高校を相手に延長13回の奮闘を見せた美来工科高校。前身の中部工業高校時代を含めて初となる新人中央大会秋季県大会の制覇はどのようにして成し遂げられたのか。眞玉橋 元博監督や主力選手たちに話を伺ってきた。

九州大会出場の原動力となったエース・山内 慧は中学まではキャッチャー

山内 慧選手(県立美来工科高等学校)

 2016年の春美来工科はエース仲宗根 登夢を中心として1,2点差の接戦を次々とものにしていった。北山美里工名護を下し前身である中部工時代以来となる38年振りのベスト8へ進出しただけでなく、前原をも下し初の4強となった。そのときに下位打線ではあるがセンターで先発出場していたのが現チームのエース・山内 慧である。眞玉橋監督は、入学してからずっと彼をピッチャーとして育てるプランを温めていた。

眞玉橋監督:山内は中学はキャッチャーでしたが僕はピッチャーで育てたいなと思っていました。でも故障などもあって、本人的にピッチャーとしての熱が中々入らなかった。僕の物差しの中では当時は上を目指せるというレベルでは無かった。昨年の一年生大会でもピッチャーとして立たせたのですが、ぱっとしない出来で、中部北地区予選を勝ち抜けず、中央大会へ進むことができませんでした。でもその後からですね、彼の中でスイッチが入ったのは。急に練習に対する取り組み方がガラッと変わった。ですからピッチャーとしてスタートして、まだ1年経つか経たないかくらいですよ。

 元来の身体能力を活かした山内はバッティングが良く、春の大会からセンターのポジションを獲る。と同時にピッチャーとしての練習も行っていた。投手としての質も急激に伸びていき、次のチームではこの子がエースにならないと勝てるチームは作れないなと眞玉橋監督は思っていた。ただ前チームには、3年生にエースの仲宗根 登夢、砂川 魁、吉田 遼の3投手がおり、練習試合でも山内の登板は殆ど無かった。

眞玉橋監督:紅白戦で投げさせるけど、ストライクが入らない。だから新チームへ移行したときはホント不安しか無かったですよ。

 しかし監督の不安をよそに、美来工科は新チームになって初めての公式戦となる新人中央大会で優勝を遂げた。それではチームとしてのまとまりが良かったのかというとそうでもなかった。

神山 諒介主将:一年生のときは守備も安定してなくて。走塁ミスも多かったです。

古謝 僚人副主将:チームでのまとまりも無かったです。

山内 慧:お互いに言い合えるような、そんな雰囲気は無かったです。