強打者を育てた打撃練習法 /東海大甲府(山梨)

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第8回 光星学院 強打の秘密/田村・北條を生み出した練習法(1)2012年10月31日

【目次】
[1] 重要なのはタイミング
[2] 光星学院の打撃理論

 2012年夏、甲子園で史上3校目となる3季連続決勝進出を果たした光星学院。悲願はならず、史上初の3季連続準優勝で終わったが、3番・田村 龍弘、4番・北條 史也を軸とした強打は注目を浴びた。そんな光星学院の打撃理論とは?そして、練習方法は?

重要なのはタイミング


 仲井宗基監督に「打撃について」とテーマを出したところ、やはり、「バッティングで一番、大切なのはタイミングです」と開口一番で返ってきた。

 以前、金沢成奉前監督(現・明秀学園日立監督)は「ピッチャーにとって大切なことはバッターのタイミングを外すこと」と語っていたことがある。いくら速い球を投げても、タイミングが合ってしまえば、痛烈にはじき返される。これをバッター目線にすれば、「タイミングが合えば打てる」ということになる。

 では、どうやってタイミングを合わせるのか。光星学院で取り入れているのが「近距離バッティング」と呼ばれる練習だ。投本間13メートルの距離で行うフリーバッティング。近い距離で思いっきり投げる打撃投手の球を打ち返すには上手くタイミングを取らなければならない。投手は直球や変化球も交える。ストライク、ボールの見極めもしなければならないため、「総合的な練習」(仲井監督)になる。

 近距離バッティングとティーバッティングで使用するバットは竹バット。「投手と打者の距離が近いので、金属バットだとピッチャー返しが危ないし、バットのヘッドの重みを使って打つ感覚を養うのには竹バットがいいんです。木製バットは折れるし、速い球を打つと手がしびれるから当てにいくバッティングになってしまう。フルスイングをせず、スイングが弱くなってしまう。そういう弊害がありますが、近距離バッティングでは加減をしないで打てる。尚且つ、芯に当てる練習になります」(仲井監督)。正規の距離で、打撃マシーンを使ってのフリーバッティングは金属バットを使っている。

 強打につながった光星学院の練習ということで、取り入れていたチームも多くあるようだが、結局はバットとボールがなかなか当たらず、正規の距離でのフリーバッティングに戻ることが多いと聞く。「近距離バッティングは気持ちよく打つ練習ではない。身につけるための練習」と仲井監督。光星学院が信じる打撃理論があってこそ、「近距離バッティング」は生きてくる。

このページのトップへ

【次のページ】 光星学院の打撃理論

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第49回 八戸学院光星と青森山田が競いながら全体のレベル向上【青森・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第91回 神村学園(鹿児島)編「野上らプロ選手も輩出!今夏甲子園を沸かせる熱戦を見せた神村学園のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第152回 読売巨人軍 坂本勇人 選手 【2013年インタビュー】
大阪桐蔭vs光星学院【2012年 第67回ぎふ清流国体】
光星学院vs聖愛【青森県 2012年秋の大会 秋季青森県高校野球大会】
大阪桐蔭vs光星学院【第94回全国高校野球選手権大会】
大阪桐蔭vs光星学院【第94回全国高校野球選手権大会】
光星学院vs東海大甲府【第94回全国高校野球選手権大会】
第45回 福岡ソフトバンクホークス 下沖 勇樹選手 【2010年インタビュー】
田村 龍弘(光星学院) 【選手名鑑】
北條 史也(光星学院) 【選手名鑑】
光星学院 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
コメント (2)
打撃の参考になりました!2014.12.29 高校生
すごく理にかなっていてすごいです!
最強2013.03.02 戸田淳也
その、練習法すごい勉強になると思います頑張ってください

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム