技術ノート

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第2回 アーム矯正方法2010年05月29日

【目次】
[1]アーム矯正方法
[2]3つのアーム矯正方法

初めに

 全国には様々な工夫を凝らし、技術習得のために、取り組んでいる学校がある。すべての指導方法が、すべての選手たちの技術力向上につながるとは限らない中で、日々、試行錯誤を繰り返しているのである。

 ○○高校の練習がいいらしいぞ!▽▽高校は、最近、選手が伸びてるな、どんな練習をしているんだろう?

 しかし、だからといって、それを自チームに取り入れれば、すぐに上達するというのは大間違いであるし、また、その練習が適合しているか否かは、すぐに分かるものではない。なるべく多くの指導メソッドに触れあう中で、何が良いかは指導者本人が理解しなければいけない。

 ここでいう、『技術ノート』で紹介する練習はあくまでも、方法論の一つにすぎない。それをどのように解釈するかは読者次第であるということを忘れないでほしい。

 指導をするのは指導者。よその学校がやっていることの真似事ではいつまでも成果は現れない。いかに、指導者本人が会得するかにかかっていると思う。

アーム矯正方法 【取材高校:倉敷高校】

【倉敷高校 投手陣】

プチ、プチ、プチ

字にすれば、こんな音が聞こえてくる。

倉敷高校の投手陣がボールをリリースする瞬間のことである。
指揮を執る山本晳監督はその理由をこう説明する。
「指にかかっている音。普通ならするんですよ。でも、アームの子はしません。今は、アームの子が多いでしょ。可哀そうですよね。ボールが指にかからなったら、投げていて、面白くないから」。

アーム式―。

 ひじを使えない上から振りおろすようなフォームを、バッティングマシンになぞらえて、そう呼ばれることがある。アーム式の欠点は様々ある。球が手元で切れない、制球がまばら、故障が付きまとう。

 そこにいち早く、目をつけ、「うちにアームの子はいない」と豪語しているのが、独自のアーム矯正理論を持つ山本監督なのである。「アームはひじが上がっていなので力が抜けちゃう。その状態で投げたら100%に近い確率で故障するんですよ。ちゃんとした投げ方をしないとね。

 昔、中学生ですごい選手がいました。関節が柔らかくてね。でも、ひじの落ちる投げ方でアームだったんですよ。あれじゃ、怪我するなって思ってたんですけど、僕は、その才能に惚れこんでいたから、ぜひウチに来てもらって、直そうと思った。でも、ウチにはこなかったんですよね。そしたら、ヨソへ行ってきっちり終わりました。高校3年間、一度もユニフォームを着ることなくね。小学生の時、ソフトボール投げで、90メートルも投げていた子がですよ。伊良部以上ですよ」。

 山本がそう言いたいのには、間近で成功例を見たからである。まだ、山本が若かったころ、尽誠学園のコーチ時代にみた伊良部秀輝はまさに、そういう選手だった。
「伊良部は中学時代からサイドだったんですよね。125キロくらいしか投げれなかった。それを上投げにしたら、アームになったんです。で、それを直したら、145キロ。125キロのピッチャーが145キロですからね。いかにアームで投げることが、よくないかということですよ。尽誠学園の指導者がそのまま投げさせていたら、伊良部は終わってましたよね。スゴイ財産が、失われていた。恐ろしいことですよね」。

【次のページ】 アーム矯正方法(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
創志学園vs倉敷商【岡山県 2018年夏の大会 第100回記念 岡山大会】
広島新庄vs倉敷商【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
倉敷商vs宇部工【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
倉敷商vs創志学園【岡山県 2017年 岡山県1年生大会】
盈進vs倉敷商【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
第193回 【第97回岡山大会展望】岡山理大附、関西、興譲館など有力校多数の岡山を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第122回 倉敷高等学校(岡山)【僕らの熱い夏2015】
岡山・倉敷青陵 【高校別データ】
倉敷 【高校別データ】
倉敷鷲羽・倉敷 【高校別データ】
倉敷商 【高校別データ】
倉敷青陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

山本 晳(やまもと・せき) 監督
  • 生年月日:1968年2月7日
  • 経歴:津山商 - 大阪学院大
  •  高校時代4番打者として、県大会ベスト8が最高成績。大阪学院大を卒業後、尽誠学園のコーチを4年間務め、平成6年に社会人野球に身を投じた後、アメリカに留学。平成7年からは韓国プロ野球に所属。平成8年にはオーストラリアに留学した。
    平成9年、多摩大聖ヶ丘で2年間、教諭を務め、アマチュア資格を取得。00年から倉敷にコーチとして赴任した。01から監督を務め、準優勝1回。07、08年と2年連続してプロ野球選手を輩出した。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム