一期一会 手束仁

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第2回 オフの期間をどのように過ごすか。2010年01月07日

練習風景(中京大中京)

 高校野球では、12月から翌年の3月の第二土曜日を迎えるまでは、日本高野連の通達で対外試合は禁止されている。つまり、試合のできないオフの期間ということになる。

 もちろん、オフといってもほとんどの学校では、年末年始を除いて(学校によっては元旦に集合して全員でランニングをして初詣を行うなどの儀式を組み入れているところもあるようだが)練習は行われている。

 この時期の練習は、体力強化やそれぞれの課題を修正していくというところが多い。

 この夏、43年ぶり7度目の全国優勝を果たした中京大中京では、この間に選手たちの体力がぐっと伸びていく。とくに、大藤敏行監督が、「食う、振る、走る」を提唱した体力作りは定評がある。体力強化トレーニングを担当している今村陽一コーチが、これでもかというくらいのランニングと体力強化メニューを作成している。この年末に、今春刊行予定の単行本の取材で学校にお伺いしたのだが、その時も選手たちは15Kgの砂袋を抱えて、外周走と呼んでいるが、内野の外回り(一週約115m)を走るトレーニングを何度も行っていた。

 これも、ただ単に走るだけではなく、より速くという意識で4~5人一組で、常に競わせる意味もあって1回ごとにタイムを計っては、よりタイムの近いもの同士のチームに組み替えていく。速い選手で、27~8秒台。全員が30秒を切ることを目標としているが、少しでも遅れると、「おーい、もうダメなのかぁ~」今村コーチの厳しい声がかかる。これに奮起して、また走るのだが、こうした地味な反復があの中京大中京の強靭な下半身とパワーを生み出している背景となっている。

 この日、私は大藤監督にお願いして、「栄光室」に保存されている深紅の大優勝旗や歴代の優勝レプリカや代表旗、優勝盾なども拝見させていただいた。幾多の栄光を背負ってきた伝統校だが、そんな重さを感じさせる部屋が設けてあるのはさすがである。ただし、応援用のメガホンなどもその部屋に置かれており、これには大藤監督も苦笑していた。

練習風景(横浜隼人)

 また、この夏、全国一の激戦区ともいわれている神奈川大会を初めて制して甲子園初出場を飾った横浜隼人では、守りの形を中心とした徹底した反復練習が行われていた。

 この夏のチームは、水谷哲也監督も、「とにかく、攻めて攻めての攻め隼人で戦っていかないと勝てないと思っていました」というように、果敢にエンドランを仕掛けていく攻撃スタイルだった。もちろん、チーム作りとしては、今度の新チームもそんな攻撃野球を目指しているのだという。

 しかし、今の時期は地味な守備練習と体力作りがメインになっている。

 一冬越して、暖かくなってきたらまた打ち込みも増やしていくのだろうが、この時期はむしろ、徹底した守備の形を体が覚えこむまで繰り返していくということである。これは、強いゴロを打ってのノックではなく、佐野辰徳コーチが丁寧にゆるいボールを転がして、それを確実にグラブでさばいて送球動作までというものだった。このことを何度も繰り返していた。確実なグラブさばきを身につけるという意味では、こうしたゆるいゴロで、しっかりとした捕球の形を覚えていくことが大事なのであろう。

 正面から、次第に左右に振ってギリギリのところまで転がして、いっぱいのところで捕球するという反復は、決して楽ではないし華やかなものではない。しかし、地味な練習ではあるが、こうした地味な練習を積み重ねていくことこそが、来るべき春を迎えるに当たっては一番必要なことではないかと思う。

このページのトップへ


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs誉【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
中京大中京vs春日丘【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
中京大中京vs栄徳【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
第1010回 夏季愛知県大会展望 抜けて強い中京大中京に対して至学館、享栄、愛工大名電などがどこまで抵抗するか【大会展望・総括コラム】
第116回 交流試合の最注目株・中京大中京期待の「5人衆」をピックアップ!【高校野球コラム】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
中京大中京 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム