直前!2012年ドラフト候補特集(高校生・野手編)2012年10月04日

 続いては野手について。こちらも投手に負けず、魅力的な選手が提出している。志望届を提出した野手を投手と同じように、タイプ別に分けてみた。その選手のタイプを知ることで、よりドラフトに指名されそうな選手を具体的にイメージできるはずだ。

▶関連記事:プロ志望届選手リスト(10月1日現在79名)
直前!2012年ドラフト候補特集(高校生・投手編)

目次

【目次】
[1] 北條史也、田村龍弘、高橋大樹 高校生三大スラッガーの行方は
[2] 高校生野手展望 活躍できる掘り出し物を発掘できるか

北條史也、田村龍弘、高橋大樹 高校生三大スラッガーの行方は


▲左から北條史哉(光星学院)、田村龍弘(光星学院)、高橋大樹(龍谷大平安)

 今年の高校生野手の代表格はこの3人だろう。甲子園4本塁打の北條 史也、甲子園通算3本塁打、U-18世界選手権打率.をマークした田村 龍弘、高校生屈指のスラッガー髙橋 大樹。この3人が中心になると思われる。

 北條、田村は2年春から甲子園初出場。四季連続出場を果たし、うち3回甲子園準優勝を経験。実績面ではピカイチのコンビだ。北條は長打力を一層と磨き、前裁きの打法で、強引に打球を飛ばし、田村は自分のポイントで広角に打ち分ける打撃を展開。スラッガータイプの北條、アベレージヒッターの田村とタイプに分けることが出来るであろう。

 北條は遊撃ではなく、持ち味の打撃を買ってサード・外野へコンバートも十分に考えられそうだ。田村はフットワークがまだ狭く、内野手として物足りない。個人的には彼の野球頭の良さを最も活かすことが出来る捕手が向いていると考えている。

 高橋は高校生NO.1スラッガーとして注目される逸材。個人的には本塁打を連発するようなスラッガーではなく、持ち味の俊足を活かして二塁打、三塁打を量産する中距離打者として位置付けている。

このページのトップへ