直前!2012年ドラフト候補特集(高校生・投手編)2012年10月02日

 2012年ドラフトもあと1カ月となった。プロに指名されるにはプロ志望届を提出しなければならない。今回は提出した投手を軸に展望を述べていきたい。

▶関連記事:プロ志望届選手リスト(10月1日現在79名)

目次

【目次】
[1] NPBか?MLBか? 揺れる大谷翔平の進路
    見通しが立ちやすい藤浪晋太郎
    濱田達郎、森雄大、笠原大芽の大型左腕三羽ガラス
[2] 1年目ではなく、長期的展望で活躍出来る高卒投手を見極めろ!

NPBか?MLBか? 揺れる大谷翔平の進路

大谷翔平(花巻東)

 今年の目玉・大谷 翔平の進路次第で今年のドラフト戦略は大きく変わっていくだろう。現在はNPBのみならずMLB5球団が彼にアプローチ。中でもロサンゼルス・ドジャースが熱心で、18歳の少年の心中は大きく揺れ動いていることであろう。これについては本人の意思を尊重したいと思う。日本に留まるならば、ダルビッシュのようにポスティングでメジャーに行ける実績を目指すようにレベルアップを努め、アメリカに行くのならば、相当な覚悟を持ってやっていってほしい。

 彼の投球の才能、野手の才能は文句なしなのだが、気になるのは、大事な場面で力を発揮出来ないところだ。大事な試合では勝てていないことが多い。技術を崩し、投球では制球が乱れ、球速も出ず、甘く入った所を打たれ、負け試合となった投球を常に見てきた。投手として不安視する見方もあり、野手として評価する声が多い。

 ただ彼と練習試合した打者に大谷の印象を聞くと皆、絶賛である。速球、変化球のキレともに別格だった。グラウンドに立った時のオーラが半端ないなど。それだけポテンシャルが高く、多くのスカウトが魅了させるような逸材であることは間違いない。彼は類まれな才能を発揮できるメンタルが課題になりそうだ。

見通しが立ちやすい藤浪晋太郎

藤浪晋太郎(大阪桐蔭)

 春夏連続優勝投手となった藤浪 晋太郎。これほど戦力として見通しが立ち易いスケールと実戦力を備えた高校生右腕は稀だろう。各球団が手を上げているが、1年目の後半から一軍入りが見込める逸材だろう。

 196センチの長身から振り下ろす常時150キロ前後の速球を低めに集め、キレのあるスライダー、縦に鋭く落ちるスライダーのコンビネーションで打倒・桐蔭に燃えるライバルたちを抑え込んだ。一軍登板している釜田 佳直武田 翔太と比較しても、1年目から一軍登板が見込める投手で、あとは継続的に力を発揮出来るスタミナを付けるだけだろう。

濱田達郎、森雄大、笠原大芽の大型左腕三羽ガラス


▲左から濱田達郎(愛工大名電)、森雄大(東福岡)、笠原大芽(福岡工大城東)

 今年は3人の大型左腕がいる。愛工大名電濱田 達郎東福岡森 雄大福岡工大城東笠原 大芽の3人だ。濱田 達郎は3投手の中で実績はNO.1。選抜ベスト8、選手権出場を果たした。実力的にはドラフト1位級。神宮大会時の投球のプラスアルファをされていれば、高卒1年目から一軍の登板が期待出来た逸材だが、フォームを崩してしまった影響で、それが難しくなった。ただ元々のポテンシャルは素晴らしいものがあるので、3,4年を見据えてじっくり育てていきたい大器。若年層左腕が薄い球団は2位以内で確保したい。

 東福岡森 雄大はスカウト内では濱田以上と評される本格派左腕。小さなテークバックから振り下ろす140キロ台のストレート、鋭く落ちるカーブのコンビネーションで三振の山を築く。長身で、しかも出所が見難いフォームから140キロ台の速球を投げる素材は中々いない。各球団が外れ1位候補としてリストアップしており、当日はどの球団が交渉権を手にするか楽しみな逸材だ。

 笠原 大芽は巨人の笠原将生の実弟。笠原は金 廣鉉(SKワイバーンズ)を思い出させるような躍動感溢れるフォームから140キロ台のストレート、曲がりの大きいカーブで勝負する本格派左腕。独特のフォームメカニズムで、球団の指導力によって大きく変わっていく投手だろう。上手く嵌れば奪三振率が高い左腕に変貌を遂げそうだ。

このページのトップへ