三塚 琉生(桐生第一)、吉村 優聖歩(明徳義塾)

 巨人のドラフトは育成指名でもガチというスタイルだ。欠点は多いけれど、1つでも突出した能力を持った選手ではなく、支配下を狙えるような総合力を持った選手を指名する。これは巨人のスタイルなのだろう。

 巨人は育成指名が導入されてから真っ先に大量指名をしてきた。活躍した選手も多いし、逆に全く活躍できずに終わった選手も多い。それでも巨人は試行回数を増やしながら、活躍する可能性が高い育成選手を見極めてきた。そのためか、最近の巨人の育成ドラフトの選手レベルが高まっている。

 育成1位:松井 颯投手(花咲徳栄ー明星大)は総合力から考えて、支配下登録に一番近い。140キロ後半の速球と精度の高い変化球など、なぜ本指名とならなかったのかと思わせるぐらいだ。

 育成2位の田村 朋輝投手(酒田南)も、右サイドから140キロ後半の速球で勝負する剛腕。出力は大きく、剛腕サイドへ育つ可能性もある。まずはファームで1歩ずつ結果を残したい。

 育成3位の吉村 優聖歩投手(明徳義塾)は左サイドの技巧派として、U-18代表でも好投を見せ、評価を高めた。左サイド特有の癖球があり、打ちにくい。同タイプでは高梨 雄平投手(川越東出身)というお手本がいるので、色々学びながら、存在感を示したい。

 育成4位の中田 歩夢内野手(東奥義塾)はバランスが取れた遊撃手で、パンチ力もあり、強肩。若手内野手を刺激させる選手となるだろう。

 育成5位の相澤 白虎内野手(桐蔭学園)はバランスが取れた巧打の内野手。パンチ力があり、育成指名ながら総合力が高い。大学野球に進んでいれば、4年後は即戦力型で活躍できると思わせる。巨大な選手層を誇る巨人で勝負する気概は買いだ。育成スタートではあるが、支配下登録の夢をつかんでほしい。

 育成6位の三塚 琉生外野手(桐生第一)は期待している。「なぜ育成なの?」と疑問符がつくほどだ。春季大会までのパフォーマンスは圧倒的で、本塁打になれば場外級。守備範囲が広く、抜群の強肩を持つ。打撃、守備ともに高い意識を持ってプレーしている選手だった。ただ最後の夏の直前で下半身の負傷もあり、夏はほぼ気合でプレーしていた。打撃面は文句なしのアピールをしていたが、守備では明らかに負傷の影響が出ていた。それが、評価ダウンにつながったのかもしれない。

 しっかりと走れる状態になれば、守備に関しては1位の浅野 翔吾外野手(高松商)以上。この2人でファームのクリーンアップを張るぐらいになって、別格のパフォーマンスを見せていけば、支配下登録も早いだろう。ケガに気をつけ、思う存分、暴れまわってほしい。