期待度ランキング
・50位-41位
全国舞台で活躍してきた左腕、伸び盛りの右腕などを選出!
・40位-31位
超高校級捕手、大型左腕、スラッガーなどを多く選出!
・30位-21位
全国レベルの大型スラッガー、トップレベルの強肩捕手を選出!
・20位-11位
152キロ右腕、将来性抜群のプロ向きの速球派右腕がランクイン!
・10位-1位
イヒネ、浅野などスター選手が揃う中で、No.1に輝いたのは…!

プロ志望届提出者一覧
高校生154人
大学生187人

一覧
2022年高校生ドラフト候補リスト
2022年大学生ドラフト候補リスト
2022年社会人ドラフト候補リスト
2022年引退者・退団・戦力外リスト

 高校野球ドットコムの大人気企画「期待度ランキング」。特にドラフト前に行うランキングは、最も注目度が高い。今回はプロ志望154名から上位50名を選出させていただいた。

 今回は20位から11位まで。選りすぐりの逸材たちを紹介する。

20位 赤羽 蓮投手(霞ヶ浦


赤羽蓮(霞ヶ浦)

 夏の茨城大会ではわずか2試合の登板に終わったが、それでも全国の高校生の中で20番目にさせていただいたのは、高身長を生かした完成度の投球フォームであるということだ。

 その投球フォームから放たれる高回転のストレートは強烈で、高校、大学生の投手のブルペンを見させていただいたが、その衝撃度は歴代トップクラスだった。変化球もスプリット、カーブなども悪くない。素材は抜群だが、自分を見失うことなく、その武器を磨き続けるマインドの強さがあるか。ぜひ赤羽の素質をうまく導ける球団に指名されることを願いたい。

19位 戸井 零士内野手(天理


戸井零士(天理)

 大型遊撃手を確保したい球団にとっては絶好の素材ではないかと考えている。無駄のないスイング軌道で広角に鋭い打球が打てる打撃技術の高さ、フットワークが実に軽快で、ヒット性の打球を多く捌いて、次々とアウトを演出する好守備も素晴らしいものがある。

 スケールがあり、標準以上の守備ができる。プロに進めば、強打者へ成長する予感をさせるポテンシャルの高さもあった。どんな成長を描いていくのか楽しみな選手だ。

18位 金田 優太内野手(浦和学院


金田優太(浦和学院)

 今年の高校生を代表する遊撃手・金田 優太内野手(浦和学院)。抜群のバットコントロール、投手として140キロを投げる強肩を生かした遊撃守備が光る選手である。

 この選手の評価を大きく高めたのは、センバツで活躍。特に高校生レベルではコンタクトが非常に難しい近江山田 陽翔投手から3安打を放った打撃は素晴らしいものがあった。これほど両腕をうまく使ってボールを捉えられる選手もいない。準備の仕方が素晴らしく、簡単に終わらない点はここにある。

 遊撃守備は、抜群の動きを見せるわけではないのだが、とにかく堅実、グラブ裁きも軽快でドラフト候補に挙がる遊撃手のレベルに達している。遊撃以外のポジションもこなせる可能性も秘めているだろう。

 ぜひユーティリティな活躍を見せ、長く活躍を見せることを期待したい。

17位 斎藤 響介投手(盛岡中央


齋藤響介(森岡中央)

 今年、花巻東を抑えて、大きく評価を高めた速球派右腕。140キロ後半の速球、カーブ、フォーク、スライダー、カットボールと球種も多彩。強気で攻める姿勢や、緩急を使う投球の上手さも光る。フィールディングも軽快で、総合力も高い。

 上背はあまりないタイプではあるが、夏場へ向けて調子を大きく上げたという点と、プレッシャーに負けず、花巻東打線を抑えた価値の高さも評価し、この順位となった。

16位 吉川 悠斗投手(浦和麗明


吉川悠斗(浦和麗明)

 この夏、20奪三振を記録し話題となった大型左腕。今年、多くいる左腕の中ではトップクラスの評価をさせていただいたのは、手足が長く、体ができれば別人のような速球派左腕へ成長する可能性を秘めているということ。左投手の必須武器といっていいチェンジアップをマスターしている。チェンジアップの落差は抜群で、空振りを奪えるスライダーの切れ味も抜群だ。

 ピッチングも巧みで、スケールも実戦力も兼ね備えた左腕としてこの順位にさせてもらった。12球団視察情報もあり、どんな進化をたどるのか楽しみだ。