期待度ランキング
・50位-41位
全国舞台で活躍してきた左腕、伸び盛りの右腕などを選出!
・40位-31位
超高校級捕手、大型左腕、スラッガーなどを多く選出!
・30位-21位
全国レベルの大型スラッガー、トップレベルの強肩捕手を選出!
・20位-11位
152キロ右腕、将来性抜群のプロ向きの速球派右腕がランクイン!
・10位-1位
イヒネ、浅野などスター選手が揃う中で、No.1に輝いたのは…!

プロ志望届提出者一覧
高校生154人
大学生187人

一覧
2022年高校生ドラフト候補リスト
2022年大学生ドラフト候補リスト
2022年社会人ドラフト候補リスト
2022年引退者・退団・戦力外リスト

 高校野球ドットコムの大人気企画「期待度ランキング」。特にドラフト前に行うランキングは、最も注目度が高い。今回はプロ志望154名から上位50名を選出させていただいた。

 今回は30位から21位を紹介するが、能力的には上位20名に入る選手たちと比較しても負けていないポテンシャルを持った選手たちばかりで、次のステージでは立ち位置が逆転してもおかしくない。それぐらい魅力が詰まった選手たちである。

30位 森山 暁生投手(阿南光


森山暁生(阿南光)

 昨夏の甲子園出場で、大きく注目を浴びた左腕。春季大会では多数の球団スカウトが視察した試合で20奪三振をマークしてアピールするなど、勝負強さが光る。140キロ前半程度であるが、角度があり、低めやコーナーギリギリに決まるのが大きな強みだ。切れのあるスライダーで勝負する。球の質が良く、総合力も高いので、全国レベルの左腕といっていいだろう。

29位 武元 一輝投手(智辯和歌山


武元一輝(智辯和歌山)

 米国の大学留学が噂されている逸材だが、この夏、見せてくれたパフォーマンスは十分、ドラフト候補に値するものがあった。指がかかった時の145キロ〜149キロの直球は今年の高校生でもトップクラス。思わずうなされるものがあった。さらに130キロ台のフォークも落差があり、スライダー、カットボール、ツーシームなど多彩な変化球を投げ分け、ポテンシャル自体は高校生トップクラスだった。

 打者としても前さばきの打法で、次々と長打を生み出す。

 投打ともに魅力あふれる選手だった。夏前にインタビューした時、思考力の高さに驚かされた。今回の選択も武元らしいと実感した。どの進路になっても活躍を見せてほしい。

28位 伊藤 千浩投手(東北


伊藤千浩(東北)

 今年の春季東北大会で花巻東を破り、話題となった大型右腕。140キロ前後ながら空振りを奪える球質の良い直球が魅力だが、将来性は完全に野手。振り幅が大きいスイングで、次々と長打を記録する。

 スラッガーとして魅力があり、若手スラッガー候補を確保したい球団にとっては魅力的。低めの球に対しての対応力も高く、また140キロを投げる投手ということで、強肩も兼ね備えており、鍛えがいのある選手ではないだろうか。

27位 森下 瑠大投手(京都国際


森下瑠大(京都国際)

 今年の年明けでの期待度ランキングでは上位に入っていたが、センバツ以降の低調が痛く、この順位にさせていただいた。それでも万全の状態ではなくても、パフォーマンスのレベルは高い。投手としては140キロ前半の速球に加え、ハードな曲がりを見せるスライダーの切れ味は一級品。そして打者としても完成度の高い打撃フォームで、長打を量産する。

 怪我がない状態でもっと躍動できていれば、高い順位だった。森下の場合、怪我なく、しっかりと上積みができれば、3年後には1軍でも活躍できる選手ではないだろうか。京都国際の小牧監督も勝負勘の良さを絶賛していたが、ぜひプロのステージでその持ち味を発揮してほしい。

26位 山浅 龍之介捕手(聖光学院


山浅龍之介(聖光学院)

 この1年、全国舞台で活躍を見せ、大きく評価を上げた好捕手。国体でも2試合で11打数5安打をマークするなど、どの大会でも高いパフォーマンスを見せた。打撃も下半身の使い方が非常にうまく、広角に打ち返すことができる。

 捕手としてもスローイングタイム1.8秒〜1.9秒台の強肩を持つ。聖光学院・齊藤監督は、リードセンスや、勝負勘の良さを絶賛する。観察力の高さでピンチを度々救ってきた。ディフェンス面は今年の高校生でかなり完成されている。