高松商・浅野 翔吾

5位 斉藤 優汰投手(明成中ー苫小牧中央

今春の全道大会、南北海道大会でも快投を見せた151キロ右腕。

4位 内藤 鵬内野手(東山クラブー日本航空石川

大会初戦で本塁打。パワフルなスイングで本塁打を量産する強打者。

3位 イヒネ・イツア内野手(東山クラブー

3回戦敗退も、攻守のインパクトは強烈だった世代屈指の遊撃手。

2位 田中 晴也投手(長岡南中ー日本文理

今年、最速150キロをマークし、本塁打も打てる世代屈指の二刀流。ポテンシャルだけでいえば、世代NO.1。

1位 浅野 翔吾外野手(屋島中ー高松商

今年の夏の香川大会で先頭打者本塁打2本含む3本塁打で、高校通算64本塁打に到達した世代屈指のスラッガー。

 今年は浅野を代表するように、中学軟式出身のスラッガーが世代トップを走る活躍を見せてくれた。

 また、花巻東に完投勝利を収めた盛岡中央の速球派右腕・斎藤 響介投手、甲子園出場を決めた富島の148キロ右腕・日高暖己投手も軟式出身。軟式出身の好投手が多いのは例年通りだ。

(記事=河嶋 宗一