目次

[1]15位〜11位
[2]10位〜6位
[3]5位〜1位


夏直前!高校生期待度ランキング2022
50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

 現在の高校2年生。つまり23年世代は投手、野手ともにポテンシャルが高い選手で溢れている。今回は2年生たちの注目度、実力度をランキング形式で紹介していきたい。投手は早くも大豊作になるかもしれないと評判が高い。


修徳・篠崎 国忠

【投手】

15位 ハップス 大起投手(東北=宮城)

伸びやかな投球フォームから投げ込む速球派右腕

 上尾シニア時代から評判の逸材で、140キロ前後の速球は伸びがあり、さらに打撃力も高い。最終学年では投打ともにスケール抜群の大型投手になる可能性がある。

14位 阿部 堅心投手(東海大札幌=北海道)

長身から繰り出す140キロ前半の速球が魅力的

 強力な東海大札幌の投手陣の一角を担っている逸材。体重移動も滑らかで、大きな素質を感じる。140キロ超えは少ないが、フォームの土台はかなり良いので、大化けして、140キロ中盤を投げられるようになった時、一気に評価が上がる可能性を秘めている。

13位 飯島 大聖投手(花咲徳栄=埼玉)

しなやかなフォームから130キロ後半の速球を投げ込む。切れ味は抜群

 強力な花咲徳栄投手陣の一角。しなやかな腕の振りから投げ込む最速138キロのストレートは切れ味抜群で、センスの高さを感じる。

12位 篠崎 国忠投手(修徳=東東京)

190センチの長身から140キロの前後の速球で圧倒する

 まだ動作自体は洗練されていないが、角度のある直球と切れ味鋭いスライダーは絶品。夏では背番号1を任され、大きく成長を見せている。

11位 中村 海斗明大中野=東東京)

来年の都内を代表する投手になる可能性を持った大型右腕

 185センチ、97キロと恵まれた体格から140キロ前後の速球で押す。強豪校相手にも好投を収め、評価を高めている。