目次

[1]10位〜6位
[2]5位〜1位


夏直前!高校生期待度ランキング2022
50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

 高校野球ドットコム人気企画の高校生期待度ランキング。今年も50人の選手をリストアップした。いよいよ10位〜1位の発表である。

10位〜6位



川原 嗣貴(大阪桐蔭)

10位 川原 嗣貴投手(大阪桐蔭=大阪)

 昨秋の投球を見た時はやや苦しんでいる印象を受けたが、大阪桐蔭の投手でここまで別人のような成長を見せた投手はなかなかいない。長身から繰り出す140キロ後半の速球に、スライダー、チェンジアップ、フォークを投げ分け、センバツ、近畿大会で好投を見せた。6月18日に開催された日本体育大の1、2年生との練習試合で完封勝利を挙げた。長身の速球派右腕で、なおかつ完成度が高い。今年の高校生右腕では上位に挙がって当然の逸材だ。 

アピールポイント 昨秋とはまるで別人の成長。長身から繰り出す140キロ後半の速球とフォークは脅威



西村 瑠伊斗(京都外大西)

9位 西村 瑠伊斗投手(京都外大西=京都)
 投手として140キロ後半の速球を投げ、強豪校相手にも多くの三振を奪うほどの実力者だが、打者としても注目を浴びている。高校通算50本塁打に達しているが、ゴリゴリの体型ではなく、細マッチョ型。それでも遠くへ飛ばすポイントを分かっている。手元まで球を呼び込んで、高速スイングであっという間にスタンドインさせていく。インパクト時にしっかりと球を捉えるために構えは脱力している。この夏も大暴れを見せれば、上位指名もあり得る。 

アピールポイント 投打ともに怪物級。夏では打撃面で大爆発を期待



イヒネ・イツア(誉)

8位 イヒネ・イツア内野手(=愛知)
 すでに12球団が視察しているという大型遊撃手。両親がナイジェリア人で、日本人にはないバネの強さを持ち、シートノックに入れば躍動感のある動きを見せる。それでいながら、丁寧に打球をさばくなど、日本野球に馴染んで、堅実なプレーを見せる。5月前の時点では高校通算14本塁打だが、常に捉えた打球が多く、本塁打の数字以上に凄さが伝わる。当たった時のスケールが大きい選手。夏では大ブレークすることを期待したい。 

アピールポイント 日本人選手にはないバネの強さを生かした躍動感溢れるプレーに注目



内藤 鵬(日本航空石川)

7位 内藤 鵬内野手(日本航空石川=石川)
 世代トップクラスのスラッガー。昨春の県大会では5本塁打を打って話題となった。高い打撃技術を持ち、スキがなく、構えには威圧感がある。インパクトまで無駄がなく、コンタクト力の高さが伺える。スイングスピードも実に速く、本塁打だけではなく、高確率で鋭いライナー性のヒットを放ち、高打率を残せる。夏では好投手からどれだけ結果を残せるか。また公式戦で守備面でもアピールできれば、上位指名となりそうだ。 

アピールポイント 世代トップクラスのスラッガー。高打率、本塁打量産を生み出す高い打撃技術と高速スイングに注目 



浅野 翔吾(高松商)

6位 浅野 翔吾外野手(高松商=香川)
 高校通算60本塁打に達したスラッガー。強く振れる選手であり、春の大会ではやや不振に見えたが、練習試合で見せる豪快な本塁打を公式戦の舞台でも発揮すれば、評価されるべき存在だろう。強肩、俊足と身体能力も高い。パフォーマンス、マインドはプロ向きで、最後の夏で伝説を残すような活躍を残したい。 

アピールポイント 世代トップクラスのスラッガー。スイングスピード、飛距離は別格。最後の夏は伝説を残す活躍を期待