目次

[1]20位〜16位
[2]15位〜11位


夏直前!高校生期待度ランキング2022
50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

 高校野球ドットコム人気企画の高校生期待度ランキング。今年も50人の選手をリストアップした。今回は20位ー11位の選手を紹介したい。今回紹介する選手たちもハイレベルな選手が揃っている。

20位〜16位



井坪 陽生(関東一)

20位 内海 優太外野手(広陵=広島)
 下級生の時から注目されてきた大型外野手。明治神宮大会ではメモリアル弾も放ち、そしてセンバツでも敦賀気比(福井)戦で、猛打賞を記録した。体のサイズに恵まれているだけではなく、高い打撃技術でどのポイントでも鋭いライナー性のヒットを打てることが特徴だ。
 芯で捉えて、打球に角度がつけば、簡単に本塁打にできる。木製バットへの順応も早いタイプといえるだろう。抜群の強肩が持ち味の外野守備も必見だ。高卒プロも狙えるのはもちろん、東京六大学、東都1部といった大学最高峰リーグも十分プレーできる。 

アピールポイント 大型ながら打撃技術の完成度が一級品。どのコースでも鋭いヒットが打てる。さらに抜群の強肩も秘める

19位 光弘 穂高内野手(履正社=大阪)
 じわじわと評価を上げてきた近畿地区屈指の大型遊撃手。なんといっても抜群の動きを見せる守備は、守備範囲が広いだけではなく、複雑な動きもこなしてしまうフィジカルの強さがある。打撃も力強く、最終学年にかけて本塁打も量産中。攻守ともにバランスが取れて、走塁意識も高く、野球脳も高い逸材として大きく評価されている。

アピールポイント 全国レベルの守備、打撃を兼ね備えた超高校級遊撃手

18位 井坪 陽生外野手(関東一=東東京)
 U-15代表も経験した強打の外野手。下級生の時から注目されてきたが、最終学年にかけて、走攻守すべてにおいてパワーアップし、春季関東大会では、14打数6安打、1本塁打、6打点と大当たり。特に準々決勝・健大高崎(群馬)戦での本塁打はまさに圧巻だった。ベースランニングも速く、走塁を重視する関東一で鍛え込まれただけあって、無駄がない。
 ポテンシャル型の外野手の中でも、走塁技術、強肩を生かした外野守備が秀でている。

アピールポイント 関東圏の右打ち外野手では抜けた存在。夏では期待通りのパフォーマンスを発揮できるか



森下 瑠大(京都国際)

17位 森下 瑠大投手(京都国際=京都)
 2年春のセンバツ、選手権に出場した二刀流。今春のセンバツは優勝候補として注目されていたが、コロナの集団感染の影響で、出場辞退。それでも投打ともに能力を発揮すれば、やはり本指名は間違いない。140キロ前半の速球と切れ味鋭いスライダーをコントロールよく投げ分ける投球は超高校級。また打者としても勝負どころで一発を打てる勝負強さがあるのはもちろんだが、ここで目立てば、評価されるというところで気持ちにスイッチが入り、しっかりと結果を残せるのも強み。あとは万全の状態で昨夏以上のパフォーマンスを見せるだけ。春は不完全燃焼に終わった分、大暴れを期待したい。

アピールポイント 投打の総合力に加え、勝負強さが魅力。夏は万全な調子で臨めるか

16位 三塚 琉生外野手(桐生第一=群馬)
 スケール型の大型外野手。今春の群馬大会では2本塁打を放った。特に準決勝の前橋育英(群馬)戦では特大本塁打を放ち、話題となった。打球の鋭さ、飛距離は世代トップクラスで、飛ばすだけではなく、変化球への対応力も高い。外野守備の意識も高く、後方の打球への対応もしっかりしており、走塁意識も悪くない。スラッガータイプでありながら、守備、走塁もしっかりと高めようという意識が見える。

アピールポイント 飛距離、打球速度は世代屈指でありながら、守備、走塁意識が高い